【ママブログVol.22】3歳向け絵本

絵本はどんなものを読ませたらいいの?

読み聞かせをしたいけれど、本屋さんや図書館には膨大な数の絵本があって、どれを選んでいいか迷ってしまいますよね。

そこでおすすめしたい選び方のポイントは、『長年愛され続けている絵本』です。ママやパパも小さい頃に読んでもらった覚えのある絵本はありませんか。何度も増刷され、出版され続けているロングセラーの絵本は、世代を超えて愛される魅力があります。こうした絵本は、選んでも失敗することは少ないものです。

子どものワクワクする表情を引き出してあげられる絵本と出会えるといいですね。

絵本の読み聞かせにはこんな効果が!

絵本の読み聞かせには、以下のような効果があるといわれています。

■親子のコミュニケーション
膝の上やお布団の中で、大好きなママやパパに絵本を読んでもらう時間は、とっても大切な親子のコミュニケーションタイムです。家事や仕事などで忙しいパパママも、絵本の読み聞かせている間はじっくりと子どもと向き合うことができます。読み聞かせは、子どもと絵本の世界を共有し、一緒にイマジネーションを膨らませる素敵なひとときです。大きくなっても、その楽しい思い出は子どもの心に深く刻まれているものです。

■想像力がふくらむ
限られた絵と言葉だけで、アニメのように動くことがない絵本は、子どもの想像する力を育みます。小さい頃は難しくても、たくさんの本に触れ、刺激を受けることで子どもの想像力はどんどん膨らみ、感受性豊かな子どもに育っていきます。

■言葉を覚える
絵本の中にでてくる言葉を、少しずつ覚えていくことができます。はじめは音だけでなんのことかわからなくてもかまいません。だんだん意味も理解するようになり、自然と使いこなすことができます。

■世の中の仕組みなどを知る
長い間読み続けられている本などは、世の中の不変のテーマがお話に盛り込まれています。よいこと、悪いこと、人との接し方などさまざまなことを学ぶことができます。

■心の安定と発達
親子のコミュニケーションがしっかりとれることで、子どもの心は安定します。お話の内容がわかるようになると、登場人物に感情移入したりして、人の心を気遣ったり思いやることができるようになってきます。

読み聞かせって、いいこと尽くしですね!

【3歳】お話が楽しめるおすすめ絵本!

◆おおきなかぶ

有名なロシア民話です。「うんとこしょ どっこいしょ」のリズムに合わせて、助っ人を次々よ呼びながら、なかなかぬけないかぶをみんなで協力して抜くというストーリー。読後には爽快感が残ります。

値段:864円(税込み)
著者: A.トルストイ (著), 佐藤 忠良 (イラスト), 内田 莉莎子 (翻訳)
読んであげるなら:3才から
自分で読むなら:小学低学年から

何度も繰り返される「うんとこしょ どっこいしょ」のリズムが楽しく読み進んでいくことができます。たくさんの助っ人が集まって、ようやく抜けるところで、笑顔があふれるでしょう。

◆サンドイッチ サンドイッチ

サンドイッチを作り上げていくストーリー。パンにバターを塗って、トマト、ハム、きゅうりなど次々にリズミカルな言葉とともにサンドイッチが完成するまでのプロセスを楽しめます。

値段:864円(税込み)
著者:小西 英子

カラフルでリアルな絵が目をひきます。「サンドイッチ サンドイッチ」と繰り返され、リズミカルに読み進めることができます。サンドイッチが食べたくなる一冊。子どもと一緒に作るのも楽しくなりますね。

◆しろくまちゃんのほっとけーき

1970年の発売以来のロングセラー絵本です。しろくまちゃんがお母さんと一緒にホットケーキをつくるまでのお話です。卵を割って、一つずつの工程を進みながらホットケーキが焼き上がるまでをお楽しみください。

値段:864円(税込み)
著者:わかやま けん
対象年齢:0~3才向け

「ぽたあん」「ふつふつ」「しゅ」「ぺたん」など擬音がたくさん登場して、子どもが楽しんで聞いてくれます。一緒にまねっこもできますよ。読んだ後はホットケーキが食べたくなってしまうかも。

◆ねずみくんのチョッキ

40年以上も愛されるベストセラー絵本です。おかあさんが編んでくれたねずみくんのかわいいチョッキ。「ちょっときせてよ」といろんな仲間がやってきます。みんなに貸しているうちにチョッキがどうなってしまうでしょう。ハラハラしながらページをめくっていくことができます。

値段:432円(税込み)
著者: なかえ よしを (著), 上野 紀子 (イラスト)

シンプルな絵で描かれていますが、ねずみくんの表情が豊かで、悲しげな表情にかわいそうな気持ちになったり、応援したくなったり。「ちょっときせてよ」とやってくる動物にハラハラしながら読み進んでいきます。最後は思わぬ展開に。

【恵比寿駅情報 vol.10】 恵比寿駅の「隠れ恵比寿さま」の存在

 

【恵比寿駅の恵比寿像】

1体目

恵比寿駅の待ち合わせスポットとして有名な恵比寿像。

恵比寿駅の西口改札から出るとすぐにあるので恵比寿に来た方は見かけると思います。

しかし!この度面白い噂を耳にしました。なんと恵比寿駅には恵比寿像が3体もあるというのですヾ(゚∀゚ゞ)

今回は恵比寿像について書いてみます。

【そもそも恵比寿さまって】

恵比寿さまって七福神の一人でなんだかおめでたい感じがしますが、由来を調べてみました。

1)日本の神。七福神の一柱。狩衣姿で、右手に釣り竿を持ち、左脇に鯛を抱える姿が一般的。本項で詳述。

2)外来の神や渡来の神。客神や門客神や蕃神といわれる神の一柱。本項で詳述。

3)神格化された漁業の神としてのクジラのこと。古くは勇魚(いさな)ともいい、クジラを含む大きな魚全般をさした。

4)寄り神。海からたどり着いたクジラを含む、漂着物を信仰したもの。寄り神信仰や漂着神ともいう

5)蝦夷(えぞ、えみし)の別称。中華思想では、未開の民や東国の民をさし、外国人の蔑称として使っていたこともある。

4)の説ですが昔の人はクジラの事を「えびす」と呼んでいたんです。

そんな縁から由来となって恵比寿周辺は鯨料理が多くて、恵比寿では『鯨祭』なるものが毎年開催されているんですよ♪ご興味がある方はコチラ↓

https://www.facebook.com/ebisukujira/

恵比寿鯨祭恵比寿鯨祭 画像

【有名な駅前の恵比寿像以外にも・・・】

では本題ですが、残り2体の恵比寿さまはどこに・・・??

まず1体目は中級編です。この像を知っていたら恵比寿中級を名乗れるでしょう。

2体目

どうです?この珍しい『メタル恵比寿』!もはや『像』かどうかも明らかではありませんがとにかく2体目です。

この像は恵比寿駅西口の比較的見つけやすい場所にあります。

一応ヒントを・・・↓

メタル恵比寿

もう分かりましたね。

そうです!日比谷線の出口のあそこです。喫煙所のあるあそこです。銀行の横にあるあそこです。

では最後に上級編の3体目です!ここが分かれば『恵比寿マスター』の商号が与えられます。

3体目

!!!!!!!!!!!!!!

いましたね!超レアな恵比寿さま。隣にはシーサーのような狛犬のようなペットを引き連れた『隠れ恵比寿さま』。

恵比寿駅の近くの人目につかないある場所で佇んでいます。

場所は、ここも西口です。恵比寿ストアの右側で、大黒ビルの裏側です。

恵比寿像

 

3体目はこんなところに隠れていたのですね!

まさに知る人ぞ知るレア度★5つの恵比寿さまですね♪

【3体見つけてお参りするとご利益が】

これは噂の噂ですが、3体回るとご利益があるとかないとか!(筆者はない思っていますが)

場所が分かれば2~3分で3体とも回れるので時間をもてあましたら是非やってみてくださいね!いいことがあるかもしれません。