【ママブログVol.45 エアコンの適正温度は20度!?】

皆さんこんにちは。

台風19号もあちらこちらに影響が出ましたね。
被災地の方々の1日でも早い復興を願います。

だんだん寒くなって暖房をつけるお家も増えてきているのではないでしょうか?
皆さんご存知ですか?
環境省はエアコン暖房時の室温の目安を20℃に推奨しています。
また豆知識ですが、エアコン暖房の温度を1度下げると約10%もの節電効果があるそうです。
20℃は暖かいの?と少し疑問に思いますよね。
私もそうでした。
なので、今回はエアコン暖房の設定温度が20度でも暖かく
快適に過ごせる5つの方法をご紹介したいと思います。

【1.エアコン暖房を付けるときは自動運転に】

弱運転のほうが電気代かからないんじゃないか……と
私は思っていましたが違いました。
はじめから弱めの運転をしてしまうと、あたたまるまでに時間がかかって
逆に電気代が高くなるので注意した方が良いそうです。
エアコンは室内温度を設定温度まで上げている間が一番消費電力を使うため、
自動運転で一気に室温を上げてしまった方が電気代を節約できるそうなんです。

【2.風は下向き(センサー搭載機種は別です)】

暖かい空気は上のほうに溜まるので、エアコン暖房の風は下向きで設定しましょう。
ただし、人がいる場所を感知して自動で最適な風向きになるセンサー搭載機種の場合は、
自動コントロールモードが最適らしいです。

エアコン5

 

 

 

 

【3.サーキュレーターを使う】

サーキュレーターや扇風機を併用すると、エアコンの動きを助けるそうです。
サーキュレーターや扇風機は上向きに運転して空気を循環させ、
天井付近にたまっているあたたかい空気を下の方に降ろしてあげましょう。
あたたかさを感じやすくなり、設定温度も下げられるので、電気代の節約につながるそうです。
私は雨が続く部屋干しの時に扇風機を利用したりしますが、
こんな使い方もあるんだと感心しました。

【4.窓の断熱をする】

せっかく部屋を暖めても、ガラス一枚の窓はあたたかい空気を外へ逃がしてしまいます。
さらに、窓は外の冷たい空気を部屋の中に取り込んでしまいます。
確かに、窓側にいるとひんやりしますよね。
断熱シートを窓に貼ると、外の冷えた空気をシャットアウトでき、結露防止にもなり、あたたかい部屋の空気も逃しません。
断熱シートはホームセンターや通販でも購入可能なので探してみると良いかもしれませんね。
私もネットなどで見てみましたが、オシャレで可愛い模様の断熱シートもありました。

【5.湿度ケアをする】

部屋を加湿することも寒さを和らげる効果があるそうです。
エアコン暖房は室内が乾燥しますので、湿度ケアも一緒にしていけると一石二鳥ですよね。
さらに加湿は、風邪予防やインフルエンザ予防にも効果がありそうですね。

エアコン4

 

 

 

雑談ですが、
昔のエアコンと比べて最近のエアコンはとても省エネです。
電気代を比較すると、10年以上前のエアコンは買い替えで電気代が大きくかわってくるそうです。
同じエアコンを10年以上使っている場合は、買い替えをご検討されてみるのも良いかもしれませんね。

エアコン7

 

 

 

 

快適に過ごして節約にもなり地球環境にも良さそうなので
私も、さっそく試しています。
皆さんも良かったら参考にしてくださいね。

それでは今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

【ママブログVol.44】子どもイライラの付き合い方

皆さんこんにちは。
台風15号は今回大きかったですね。
まだまだ普段の生活に戻れていない方々もいらっしゃると思いますが
1日も早く日常生活に近づけるようにと願います。

台風の次の日は私も保育園に送るまではスムーズだったのですが
会社にたどり着くのが困難でした。

最近の息子はコミュニケーション出来るようになった分イライラスイッチが入ると、かなり厄介です。【魔の2歳児】という言葉を聞いたことがある方は多いと思うのですが、最近では【悪魔の3歳児】という言葉もよく耳にします。私はいわゆるイヤイヤ期は2歳までで、3歳になったら落ち着くものだと思い込んでいましたが、全然そんなことないのですね。

そこで今回は、子どもイライラの付き合い方についてご紹介したいと思います。

2歳の頃に比べて話がある程度通じる分、楽になったこともたくさんあるのですが、
癇癪を起こされたときの対処は3歳の方がキツイという印象があります。

街中で手に負えないほどに暴れられて困り果ててしまうことも
2歳の時に比べて、3歳になった今は、癇癪を起こした時のエネルギーは増大している気がします。
無理やり抱っこしてあやすのもそう簡単ではありません。力技はあまり使えなくなってきていますね。
また、体の成長と共に知性も身についてきているので、
お菓子やおもちゃなど他のことで気を逸らすという以前は通用した方法も
最近では、あまり効果的でないことが多いです。

全て注意していたらきりがないのと体力が持たないので、私がすごく怒るときは3つをご紹介します。

1.子どもの身に危険が及ぶとき

例えばガスコンロの火に顔を近づけたり、交通量の多い交差点で手を繋がなかったり、
エレベーターの扉に手を近づけたり、車の自動扉に手を近づけたり、
駅のホームで線路の方に近づいたりなど、最悪の結果を招くことになりかねません。
この時ばかりは、すごく叱ります!何度も叱ります!

イライラ5

 

 

 

 

 

 

 

 

2.人を傷つける言葉を言ったとき

3歳になってからは、「嫌いなんだ」「バカ」等の汚い言葉を使ったり、覚えた言葉をすぐに使ってきます。
私自身の言葉遣いやテレビの中のセリフやニュース
様々なところで耳にする言葉をどんどん吸収していくので
私も気を付けるようにしています。
お友達に言われて心が傷つく言葉や悲しくなる言葉理解してくれたらと願います。
3.叩いてきたとき

叩いてきたときも必ず何かしらの対処をするようにしています。
叩いたり蹴ったりすることが当たり前になってしまう、お友達に同じことをしたら大変ですよね。
眠たいときなど、話してもしつこいときは、少し距離を置いたりしてから
対処したりしています。
お互いクールダウンするのも良いかと思います。
こちらも親といえども完ぺきではないので
イライラに乗っかりそうになるときもありますが
距離をとって落ち着きます。

 

イライラ3

 

 

 

 

 

 

自分自身も仕事や育児にいっぱいいっぱいにならないように適度に休みをとり
何もしない日は作れないとしても、リラックスできるよう工夫をしようと考えてます。
いろいろぶつかり合った日は、寝る前に子どもと2人で振り返ります。
「今日は、どうしてそんなことしちゃったんだろうね。」と問いかけて
気持ちを吐き出してもらい、それについて話し合って、ハグしてから
一緒に寝るようにしています。

アイミリーはシングルで育てている私の良き理解者ばかりなので
余裕持って子育て出来て本当に助かります。

なかには、仕事や家事に追われて余裕がない中で頑張っているママもいると思います。
私も昔はそうでした。働くママも人間です、ママも時々息抜きして余裕持って子育てできたら
ママも子どももご機嫌になれるかと思います。
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

【ママブログVol.43】子どものスマホやタブレットとの付き合い方

皆さんこんにちは。
梅雨が明けてから急に暑くなり、体がついていけないかと思いました。
皆さんが大丈夫でしたか?

アイミリーでは、嬉しいことにお盆休みを自分のタイミングで取っていいので
混んでる時期に子どもと帰省することや、お出かけも避けられたので大変助かりました。
私も息子もご機嫌に過ごせて本当に有難いことです。

子どもがいると暑い時期や混雑の中の移動はクタクタになりますよね。
ぐずる時期は特に、子どももママもお互いエネルギー使ってクタクタです。
ぐずる時や待ちきれない時は、我が家では子どもにYouTubeで好きなものを観せたり
簡単な子どものゲームをダウンロードしたりと何かと最後の手段として
スマホやタブレットに頼っています。

携帯

 

ところで、皆さんは子どもにスマホやタブレットを使用する時のルール決めていますか?

子どもに伝えていなくてもなんとなくルールを決めて使用させていますか?

携帯4

 

 

 

 

 

今回は、「スマホ18の約束」の記事を見つけたのでご紹介したいと思います。

「スマホ18の約束」は、アメリカ人のお母さんが13歳になる息子と交わした約束です。
見たことある方いると思います。

1:このスマホの持ち主は、あくまでもお母さんよ。
2:パスワードを決めたら、お母さんに知らせること。
3:お母さんやお父さんから着信があったら出なさい。必ずよ。
4:夜の間、スマホはママに預けて。電話は、相手の家に堂々と顔を出せる相手にだけよ。
5:学校には持っていかないこと。直接話した方が、あなたの力になるわ。
6:壊したら自己負担。一度はありうることだから貯金をしておいて。
7:うそや人を傷つけるための道具じゃないわ。人が人を傷つけるのを傍観したりそれに参加したりもダメ。
8:書き込む前に、その言葉を直接相手に言えるか考えなさい。
9:友達に、その家族が聞いたら傷つくようなことを言ってはダメ。
10:大人向けの画像は禁止よ。お母さんに見られても恥ずかしくないものだけにしなさい。
11:レストラン、映画館、そして人と話しているときはスイッチオフかマナーモードにしなさい。
12:あなたや知り合いの裸の写真をやり取りしてはダメ。一生つきまとわれ巨大なインターネットから、跡形もなく奪い取ることは絶対に不可能よ。
13:写真や動画もいいけれど、保存はそこそこにね。肌身で感じて記憶したものは、一生ものよ。
14:ときどきスマホなしで外出なさい。スマホは、不可欠なものではないの。流行に流されないのも大人の生き方よ。
15:チャートにない、新旧の音楽をダウンロードしてご覧なさい。こんなに音楽に手が届く時代は初めてよ。
16:はやりのゲームばかりでなく、言葉遊びやパズルなど、頭を使うゲームもときどきやってみてね。
17:検索の世界だけでなく、鳥がさえずる現実の世界もご覧なさい。歩いて見知らぬ人との会話も、楽しみなさい。
18:スマホの扱いに失敗したら一度お母さんに返して、じっくり話し合いしてお互いに成長していきましょう。

簡単に1~18まで簡単に伝えるとこんな感じです。

9月用

 

息子は3歳なのでここまではと思いますが、あっという間にその時期を迎えてしまう前に親が意識するのも大切かなと思いご紹介しました。

案外、子どもは横で大人たちのスマホやタブレットの操作を見て覚えるんですよね。

ちなみに我が家では、保育園のお迎えをした後は、子どもの時間と家事があるので
子どもが寝るまでは携帯を必要がある以外は触れないように意識しています。
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

【ママブログVol.42】子どもの熱中症や夏バテ対策

皆さんこんにちは。
先月は月の半分くらい不安定なお天気でしたね。
我が家では、ジメジメしてしまう洗濯物をコインランドリーで
せっせと乾かしてました。
梅雨が明けると心配なのが熱中症や夏バテですね。
夏の暑い時期、食欲がなくて体がだるい…
大人でもしんどいですよね。
最近はどうやら子どもの熱中症や夏バテも増えてきているようです。

そこで今回は子どもの熱中症や夏バテの改善方法についてご紹介したいと思います。

はじめに、最近なんで子どもの熱中症や夏バテも増えてきているか?
原因は3つあります。

【子どもの熱中症や夏バテが増えている原因】
①汗をかきづらく、体温の調節ができない!

その理由は、汗腺は3~4歳ごろに発達するのですが、
エアコンの普及・昔より暑くなり外遊びをしなくなってきたために
幼少期に汗をかくことが減ってきているので
子どもたちの、汗腺の発達が不十分になっている事が考えられているそうです。

8月 12

 

 

 

 

 

 

②栄養が偏って暑さ負けしてしまう!

その理由は、暑いとジュースやアイスをよく飲み食いしがちです。
そして食事の時間になっても、「暑いから食べたくない!」
と食事をきちんととらないことも多いため、栄養のバランスが悪くなってしまいます。
また、冷たいものを飲みすぎたり食べすぎることで、
腸が弱り下痢や便秘にもなりやすくなります。

8月 夏2

 

 

 

 

 

 
③遊びに夢中で水分補給を忘れてしまう!

その理由は、室内でも屋外でも遊びなどに夢中になってしまうと
水分補給もせずに遊んでしまいます。

息子もエアコンのお部屋で過ごしていることも多いです。
また、水分補給に関しても今でも声がけしてる毎日です。
気を付けないといけないとあらためて感じますね。

普段の意識で変わる改善方法を5つご紹介します。

【子どもの熱中症や夏バテの改善方法】

①栄養バランスの良い食事をする

夏バテ解消の為に必須な栄養素は、3つです。
・タンパク質
・ビタミン
・ミネラル

逆に食べない方が良いもの、食べると症状が悪化するもの…
それはズバリ「砂糖」です。
なぜかというと、砂糖を分解する時にビタミンB1が必要になるわけですが、
夏バテ解消に必要なビタミンでもあります。
せっかくビタミンB1を摂取しても、砂糖の分解のために使われてしまったら、
夏バテ予防にまわるビタミンB1がなくなってしまうのです。

②適度な運動をする

炎天下での運動は熱中症になったりもするので、
朝や夕方など暑さが落ち着いた時間帯で
汗をじんわりかくような運動をしましょう!
汗腺を休ませないためにも、汗をかくことが大切です。

8月 7

 

 

 

 

 

 

③お風呂に入る

暑いからといってシャワーですますことが多いですが、
冷房などで意外と体の芯は冷えていたりします。
お風呂で体の芯を温めて質の良い睡眠につなげてあげましょう。
また、お風呂で汗をかくことで汗腺の働きも活発になります。

④睡眠をしっかりとる

夏になると、日が暮れるのも遅いので、何となく寝る時間も遅くなっていきます。
しかし、10時から2時の成長ホルモンがたくさん出る
ゴールデンタイムにしっかり寝ることが、体や脳の疲れをとるのにとても大切です!

⑤体を休め、規則正しい生活をする

夏バテには食欲不振や胃腸を壊すこと以外にも、
無気力やイライラ、めまいなどの症状もあります。

子どもは環境に適応するのが大人より苦手です。
暑くても遊びたいし、そうすると体は疲れてしまう、でも遊びたい…
そのうち体が休みたくなってしまい、脳に信号を送ることで休もうとします。
それが、「無気力」です。
気持ちと体がコントロールできなくなって、無意識にイライラもします。
小さい時は加減がなかなか分からないので、
親がうまく体を休めさせるように目を配ってあげることが必要です。
余談ですが、私たち大人も
外の暑さと中の冷房との温度差・夜が暑くてしっかり眠れないなどで
自律神経が乱れてしまうことも多くあります。
予防として

・室内の冷房をかけすぎない。
・早寝早起きをする。
・起きたらしっかりと朝日を浴びる。
・寝る2時間前はスマホやゲームをしない。
・食事を決まった時間に3食食べる。
などなど…

きちんと生活リズムを整えることで、自律神経の乱れを予防しましょう!

8月 19

 

 

 

 

最後に、子どもはまだ、体を休める、食べ物に注意するなど、
自分で対策をすることはなかなかできません。
そんな時、周りの大人が気をつけてあげるようにしましょう!

これからはじまる暑い夏を楽しみながら乗り切っていきましょう。

今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

 

【ママブログVol.41】洗濯のコツ

皆さんこんにちは。
今年も半分終わてしまいましたね。
暑い夏が近づいてきますね。
お天気が不安定な中、我が家では保育園で元気に汚してくる
息子ちゃんの洗濯物の匂いを気にしながら、乾かすのにテンテコマイです。
毎日量が多いんですよね。(^^;)

そこで、今回は、洗濯のニオイの元や乾かし方などご紹介します。

【生乾きのニオイの元】
ニオイの元は、ズバリ「モラクセラ真正細菌」と「4メチル3ヘキセン酸」です。聞いたことないですよね(^^;)私もないです。

ニオイのメカニズムをお話しすると、

「モラクセラ真正細菌」は増殖する際に「4メチル3ヘキセン酸」を作り、
これが生乾きのニオイになるというわけです。

これは、専門的なので置いておきます。
簡単に言うと、最近TVで「ゾンビ臭」といういわれているヤツです。

①悪臭菌が繁殖する温度
②雑菌が繁殖しやすい高い湿度
③菌の栄養源となる皮脂汚れ

3つの原因で発生します。
この3つの原因を毎日のお洗濯の中でどのように気にかけるかご紹介します。
少しでも参考になれば幸いです。

洗濯6

1.洗濯槽の中に何日間も洗濯物を入れていてはNG
よごれた洗濯物を、洗濯カゴではなく
洗濯槽の中にポイッと入れていないでしょうか?
汗やホコリでよごれた洗濯物を、
洗濯槽の中に閉じ込めてしまうと中で蒸れて
「モラクセラ真正細菌」が増殖して
「4メチル3ヘキセン酸」という生乾き臭が作られてしまうのです。

洗濯物は直接洗濯槽には入れず洗濯カゴを用意して、
その中に入れるようにしましょう。
洗濯カゴは洗濯槽の中よりは通気性が良いので、
「モラクセラ真正細菌」もそこまで繁殖しません。
ひと工夫するだけで、生乾き臭もグッと減るので試してみてくださいね。

洗濯2

 

2.一度に多くの洗濯をしていないか?

洗濯をする時に、洗濯機に入るだけパンパンに入れて洗濯していないでしょうか?
一度に洗濯するのに最適な量は、洗濯槽の約八分目の量だそうです。

あまり多く洗濯物を入れてしまうと、
洗剤が服のすみずみにまで回りきらないので、汚れがよく落ちません。
汚れが落ちないと、服に皮脂汚れや雑菌がついたままになり、
生乾き臭の元となってしまうのです。
洗濯する時は洗濯槽の「八分目まで」を心がけてくださいね。

3.洗濯後に洗濯機のフタをすぐ閉めていないか?

洗濯が終わったら、すぐに洗濯機のフタを閉めずに、
乾燥するまでフタは開けておきましょう。
洗濯物の汚れが洗濯槽の裏側についていたり、
洗濯槽自体が裏側にカビを作っていることがあります。
乾燥させないと、そのようなカビや雑菌が洗濯槽の中で増えてしまうのです。

洗濯が終わった後の洗濯機の中は、水分と熱でいっぱいです。
洗濯機は水や洗剤を扱うので清潔なイメージですが、
乾燥させたり、定期的に洗濯槽のクリーニングをしないと雑菌が増えてしまいます。
パッと見ただけでは洗濯槽のカビは裏側にくっついているので、わかりません。
しかし、買ったばかりの洗濯機でも、
早い家庭では一ヶ月で洗濯槽の裏にカビが生えてしまいます。
洗濯している時に、黒や茶色の汚れがでてきたら、
カビが増えてきた合図だと思って下さい。

普通の洗剤で洗濯物を洗っているだけでは、洗濯槽のカビは落とせません。
酸素系漂白剤で、洗濯するのとは別に水をためて
半日がかりでクリーニングする必要があります。
雑菌まみれの洗濯機でいくら洗濯をしても、服に雑菌をつけていることになります。
定期的に洗濯槽のクリーニングをするようにしましょう。

4.干している時に服と服がくっついている
洗濯物が多かった日は、どうしても服と服の間隔が狭くなりがちです。
干した時は、間隔を離したつもりでも、
風が吹くと服と服がくっついていたりしますよね。
服と服が近すぎると、空気が通らないので、
どうしても乾く時間が遅くなってしまいます。

洗濯

 

 

 

 

干す場所が足りなくなってきたと思ったら、
家の中に突っ張り棒をして洗濯物を干すようにしたり、
浴室乾燥機があれば、上手に利用して洗濯物を乾かすようにしてみましょう。
もう一本、竿竹が増えるだけで、かなり洗濯物の乾くスピードが早くなりますよ。

ちなみに服と服の間は、最低5センチ離すことを目安にすると良いそうです。

5.一度ついた臭いは、外に干しても消えない

洗濯物を干している途中で、洗濯物から生乾きのニオイがしてきたことに気づいて、
あわてて家の外に出して干したことはないでしょうか?
残念ながら「モラクセラ真正細菌」は強力なので、
一度ついた生乾きのニオイは、きちんと乾かすことでは取れないことが多いのです。

生乾きの臭いである「モラクセラ真正細菌」が増殖した時に作られる
「4メチル3ヘキセン酸」は、乾いている時よりも濡れた時に強く臭いを感じます。
そのため洗濯物を取り込んだ時には臭わなくても、
濡れた顔をタオルで吹くと湿るので臭いが出てくるのです。

汗や皮脂は「モラクセラ真正細菌」のエサなので、洗濯して取るしかありません。
生乾きの臭いがしたら、再度洗濯をして
エサとなっている汗や皮脂汚れを取り除きましょう。

洗濯7

 

 

 

洗濯は、
・酸素系漂白剤や除菌ができる洗剤を使ってみる。
・洗濯したら、すぐに干す。
・部屋干しは扇風機や除湿機の併用をする。
のもよいかもしれませんね。

 
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

 

【ママブログVol.40】子どもと食育

皆さんこんにちは。

あっという間に6月ですね。

我が家では、ゴールデンウイークの時期に、野菜の苗を植えました。

すくすく育つ野菜に毎朝子どもと水をあげてワクワクしてます。

そこで、今回は子どもと食育をテーマにご紹介します。

プランター12

 

 

 

 

 

冒頭で話した野菜ですが、我が家は、キュウリ・トマト・ナスを育ててます。

育てようと思ったのは、息子と帰り道に保育園であった話をしていたら

息子が「保育園で育てている野菜がお昼ご飯に出たんだよ!」「ニンジンの葉っぱを天ぷらで食べたんだよ!」と嬉しそうに話している姿をみてからなんです。

もともと積極的に野菜を食べる方ではなかったので、大人でもなかなか食べないニンジンの葉っぱ食べるんだーと驚きと発見でした。

プランター6

 

 

 

そこで、息子と一緒に野菜を育てて、収穫してそれをお弁当に入れたらどんなに

ワクワクしてくれるかな?と密かに期待しています。想像しているだけで楽しくなっています。親バカです….(^^)

親子での野菜作りで良いこと5つご紹介します。

①観察力がつく

晴れの日、曇りの日、雨の日、そして雪の日。天気はどのように植物の成長に影響を与えているのでしょうか?

また、実際に毎日自分が世話をしている植物は、種をまいてからどれぐらいの日数で発芽する出るのでしょう?

毎日どれぐらい水を与えなければいけないのでしょう?

そうしたことを考えながら野菜の世話をすることによって、幼児でも観察力が自然に身につくようになるそうです。

我が家では、さっそくナスが実りました。息子は「ナス早くできるんだね」と感じてくれました。

②自然の生態系を学べる

野菜は土で育ちます。

土にはさまざまな昆虫や目に見えない微生物、野草などの生態が循環し、それらが土にたっぷりの栄養を与えてくれます。子どもたちは実際に土に触れて作業をすることにより、そこに存在している自然の生態サークルを学ぶことができるそうなのです。

③責任感が身につく

大切に野菜を育てるそして任務を完了することによって、思いやりと責任感が身についたなんて話を聞きました。ちなみに、そう感じるのは大人も同じようです。

親子で野菜作りをすることで、何か新しいことに気づくきっかけになるかもしれません。

④自然や季節を体感できる

野菜作りで植物に触れたり、植物の成長から季節を感じたりすることによって、忙しい日常生活で私たちが忘れていた自然、そして、季節をもっと身近に感じられる気がします。

プランター7

 

 

 

⑤食への関心が高まる

最近では、単に食べることの重要性を説く食育だけでなく、そこから発展して、食の源でもある農業に関する知識や経験を伝え、食べ物の安全性の大切さを教える「食農教育」が海外、そして国内でも盛んになってきています。

安全な食べ物を自分たちの手で確保するということは、これからの未来を背負っていく子どもたちにとって、とても大切なこと。

野菜を作る過程を経験することで「食」に対する正しい知識、そして関心が身につきます。

いかがでしたか?子どもだけではなく、大人もたくさん忘れてた事に気づかされますよ。

 

プランター9

 

 

 

自分が大切に愛情こめて育てた野菜を食べることによって、食事が楽しくなるだけでなく、毎日たくさんのことが学べます。

本格的な畑でなくても、プランター栽培やベランダ菜園を利用して、プチトマトやジャガイモなどの野菜をお子さんと一緒に育てみるのもよいのでは?

野菜を育てるのには良い季節なので、何を作りたいかお子さんと話し合って、今から準備を始めてみてはいかがでしょう。

今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

 

 

 

【ママブログVol.39】子どもの睡眠時間zzz

皆さんこんにちは。
長いお休みも開けていつものリズムにもどりますね。

ポカポカ陽気が続き、ウトウトしたくなる季節がやってきましたね。

そこで、今回は子どもの睡眠をテーマにご紹介します。

皆さん「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」聞いたことがありませんか?

人は、眠るとすぐに深い睡眠といわれる「ノンレム睡眠」の状態に入り、
その後に浅い眠りといわれる「レム睡眠」に移ります。ふたつの睡眠を繰り返して人は眠っているのです。
大人は、90分の間に「ノンレム睡眠」と「レム睡眠」が1回ずつやってきて、ひと晩で、それを4~5回繰り返して目が覚めます。
大人の場合、90分を1セットとして、質の良い睡眠をとるためには、90分の倍数の睡眠をとると良いとされています。

新生児の睡眠サイクルは40~60分を1セット、3~4歳で60~80分を1セットと小刻みに繰り返され、5~10歳で大人と同様の90分周期が完成するそうです。
数字を見て違いが分かるように、子どもと大人の睡眠サイクルとは別物だと心得えた方がよいですね。
また、睡眠時間が少ないと子どもたちはどんな影響が出てしまうのか?気になって調べてみました。

睡眠6

【睡眠時間が少ないとどんなことが起きるの?】

①集中力低下
脳は寝ている間に日中に学んだことを整理して、記憶として定着させます。
睡眠時間が不足して睡眠の質が落ちると、記憶の定着が悪くなって
学業成績が伸び悩む原因になります。
また、睡眠不足によって日中の眠気が強くなり、授業中にボンヤリしてしまい
日々の学習自体に悪影響が出てしまいます。

②イライラする
睡眠不足によって自律神経が乱れ、興奮作用を持つ交感神経が優位になると、
脳がリラックスできない状態が続きます。
これが脳のストレスになり、イライラしやすくなって、
結果的に怒りやすく落ち着きがない子どもになってしまいます。

③免疫力が低下する
睡眠が十分にとれていないと、腸の悪玉菌が増えて
リンパ球の機能が低下することなどから、免役力が下がります。
また、睡眠不足によるストレスで、交感神経が優位になることも、免役力が低下する原因になります
免疫力が低下すると、風邪をひきやすい、熱を出しやすいなど、健康を害しやすくなってしまいます。

④肥満になりやすい
睡眠不足になると、脂肪を分解する働きを持つ成長ホルモンの分泌量が少なくなって、脂肪が体に溜まりやすくなります。

睡眠時間が少ないと起こる体の影響は、子どもも大人も同じかもしれませんね。
私も夜更かしは良くないと再確認できました。(^^)

睡眠4
【月齢別の「レム睡眠」(浅い眠り)睡眠の割合】

★新生児★
睡眠時間の約50%が、「レム睡眠」(浅い眠り)だそうです。
抱っこしてる赤ちゃんを布団に移動しようとするとすぐに泣いてしまったり
物音などで起きてしまうのはこのためなんでしょうね。
ママの置き方のせいでもないし、赤ちゃんのせいでもなく
メカニズムなんですね。

★6ヶ月★
睡眠時間の30%が、「レム睡眠」(浅い眠り)だそうです。
この時期も、まだまだママは寝かしつけてから、すぐに起きてしまわないか
ビクビクしながら布団に移動しますよね。
我が家もそうでした。
寝た寝たって思い、腕も痛いので、布団に移動した途端
「あー泣いちゃった!」失敗したからまた抱っこだ。なんて事よくありました。

★3歳★
睡眠時間の20%が、「レム睡眠」(浅い眠り)だそうです。
我が家は今ちょうどこの時期です。
ぐっすり寝ている時は、もう多少の事では起きません。

こんな感じで「レム睡眠」(浅い眠り)睡眠の割合は年齢で徐々に変化していきます。
そのため、子どもの睡眠時間も年齢により多少理想的な睡眠時間が変わってくることがわかりますね。

【理想的な睡眠時間】

生後0~3ヶ月に関しては14時間~17時間が理想的な睡眠時間
生後4~11ヶ月に関しては12時間~15時間が理想的な睡眠時間
1歳~3歳に関しては12時間~14時間が理想的な睡眠時間

ちなみに、1歳~3歳までは昼間ずっと起き続け、夜はぐっすりと眠るという体内時計の基本をつくるいちばん大事な時期です。
体内時計は、夜に暗くなると分泌されるメラトニンというホルモンによってコントロールされています。
目から入った光の刺激が目の奥の方にある※1松果体(しょうかたい)という部分に刺激を与えてメラトニンを止めたり出したりするのですが、
このルートをしっかりと開拓しておくことがこの時期の大切な役割となるそうです。
ルートを開拓するためには、夜は暗くて落ち着ける環境でメラトニンをしっかり分泌させ、
逆に日中は明るい環境で活動的に過ごす、メリハリが重要です。
そのため昼寝をさせる時も、部屋を暗く静かにすることは避けた方が良いそうです。
お昼寝も含め、個人差があり一概には言えませんが12時間~14時間たっぷりと睡眠をとれるのが理想的だそうです。

我が家では夜ぐっすり寝て欲しくて、休みの日はお昼寝のタイミングが無ければ取らなかったのですが
睡眠時間の意識をしなければと思いました。

※1 松果体(しょうかたい)とは、脳に存在する小さな内分泌器。
概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌するところ。

睡眠5

余談ですが、7歳~12歳に関しては10時間~11時間が理想的な睡眠時間ですが、
小学校に入ると個人差を無視して生活スタイルを固めてしまいがちになりますが、
急激に型にはめず、家族が手伝ってあげて生活スタイルを徐々につくっていけると良いそうです。
例えば、朝7時に起きる場合は前日の20時~21時に寝ている必要がありますが
難しい場合は、質の良い眠りに早くつけるように
①お風呂でゆっくり湯ぶねにつかり、体の熱が冷めないうちにお布団に入る
②遅くても就寝の1時間ほど前からは部屋を暗めにし、ブルーライトを発する電子機器の使用も控えて、眠りやすい環境を整える。
③おやつの中にはカフェインやカフェインに似た物質を含むものが多くありますが、
それらは長いと5時間ほど覚醒作用が持続しますので、午後3時以降にはなるべく控える。
などの工夫も良いと言われています。

朝起きて皆さんの1日がご機嫌にスタートできますように!
そして今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

【ママブログVol.38】3歳の「好奇心」

皆さんこんにちは。
今年は桜の開花が早かったですね。
あちらこちらでくしゃみしてる人も見かけたりと花粉症の方が増えてますね。
花粉症ではない方も、ならないように出来るだけ花粉を体内に取り入れないようにしてくださいね。

さて、うちの息子も3歳になり言葉の種類も増えてきました。
私が耳痛くなりそうなくらい、とくかく何でも聞いてきます。
そこで今回は「好奇心」をテーマでご紹介しようと思ます。

まず初めに3歳になるとどのような成長がみられるのでしょうか?
① 手先が器用になってハサミが使えるようになります。
② お絵かきなど何かを書くということができるようになります。
③ ルールを守って遊びができるようになってきます。
④ 何に対しても好奇心旺盛になります。
⑤ 自分の言葉を使ってコミュニケーションをとるようになります。

特に
④ 何に対しても好奇心旺盛になります。
⑤ 自分の言葉を使ってコミュニケーションをとるようになります。
これは、3歳児の大きな特徴です。

洋服着る

我が家でも、保育園の送り迎えの時間や休みの日など一緒にいれば「なんで?」
「どうして?」と質問ばかりです。
余裕がないときなど、ついつい流そうとしてしまいますが子どもはまた真剣に質問してきます。
そこで、私はこんなふうに子どもと向き合ってます。
保育園の帰り道に子どもが「なんでお月さまは今日丸くないの?」と質問してきたら
月の満ち欠けの話しても難しいので、子どもに「なんでだと思う?」と聞いてみたりしてます。
いろんな話をこんな調子で質問返ししてると、時には「はっ!」とびっくりする解答もあります。好奇心9

また、私は子どものに「ママ、これ甘いの?辛いの?」と聞かれたら以前は「辛いからまだ駄目よ」と言っていましたが
私の友人は子どもに聞かれたら「辛いからね。食べたいなら食べてみたら!でも辛いからね。」と
最初に辛いことを伝えたうえで、子どもに選択肢を与えていると言っていました。
ちょっとびっくりしましたが、私もその方法を試してみました。
その結果、辛いからねと話したうえで試した【紅ショウガ】をつい最近私がお皿に出していたら
「辛いやつだったね」と言ってきたのです。
ちゃんと考えて口にしたら覚えているもんだな~と友人のアドバイスが子育ての参考になりました。

子どもの好奇心と向き合うことは、ハラハラとドキドキの連続です。
子どもの好きなようにさせてしまうと、時間が倍になることもありますよね。
お仕事してるママの夕方はとても忙しいですよね。
会社が終わって、保育園のお迎えや買い物から夕飯準備
保育園の荷物の整理や連絡帳の確認から明日の準備
洗濯やお風呂や子どもとのコミュニケーションの時間や寝かしつけ
ママからしたら、子どもの好奇心に付き合ってやらせてあげると時間が倍かかると
分かっているので避けたいことってたくさんありますよね。
ちなみに、私は避けたいタイプです。(笑)
でも友人のアドバイスを参考にしたら、子どもの成長を感じることができたので
毎日は無理ですが時々、チャレンジさせてあげる環境をつくってあげるようと思います。
子どもはたくさんチャレンジをしてたくさんの成功や失敗を経験させながら
のびのびと成長して欲しいものですね。

好奇心7

皆さんの子育ての少しお役に立てれば幸いです。
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように

【ママブログVol.37】イヤイヤ期の気持ち

皆さんこんにちは。
息子は、流行りにのっかり
インフルエンザにかかってしまいました!
予防接種受けていたお陰で、症状は軽い方だと思われますが
それでも1~2日は熱でぐったりしていました。
いつも通り元気になり安心しましたが、
元気になれば、毎日「嫌だ!」「ママ嫌い!」「もう知らない!」のイヤイヤ期真っ最中なので
今回は「イヤイヤ」のメカニズムをテーマでご紹介しようと思ます。

子どもは生まれてきた頃は何も出来ませんが、どんどん出来ることが増えてきますよね。
また繰り返すことにより上手になっていきます。
嬉しい成長の反面、出来ることが増えるとイヤイヤ期がやってくるんです。
そこまでは、なんとなく分かってはいるんですが
なんで「イヤイヤ」言う必要があるのかな?と思い調べてみました。

イヤ2

【成長とともに起こる脳と気持ちのメカニズム】

★1つの目の脳と気持ち★
歩けるようになると、だんだん走ることだってできる。
いろいろなことが出来てしまうということは、
本人も赤ちゃんではなくなっていくことを感じ始めるんです。
すると頭の中では、
「いろいろなことができてしまったら、ママは自分のことを世話をしてくれなくなってしまうかも。」
「ママと離れてしまうのはいやだなあ、不安だなあ……」
「まだまだ、赤ちゃんでいたいなあ……」
という気持ちが湧き上がってきくるそうです。
可愛いですよね。

★2つの目の脳と気持ち★
いろいろとできるようになったことを、「見てもらいたい!」
「できることがあるのに、誰かにしてもらうのはいやだ!」
「自分が好きなものをやりたいし、自分が好きな方法でやりたいんだ!」
という気持ちです。

1つ目の赤ちゃんのままでママに甘えたい気持ちと
2つ目の自分でいろいろやってみたい自立の気持ちが混ざって出てきます。

この2種類の気持ちが混ざり合うため、
我が家でも息子が「やってー」と甘えて近づいてきて、
ママがやってあげると、「そのやり方じゃないの!」「どうしてやったの!」というように怒ってきて
「もう知らない!」「ママ嫌い!」と言うんですね。
納得しました。
しかしエスカレートすると、けんかを売っているのかと思わせるような態度に、
思わずイライラしてしまうこともあります。
多くのママが経験していることではないでしょうか?

イヤ1

子どもは成長とともに、言うことをきかなくなる時期をむかえるのは分かってます。
またそれが成長の過程とも分かってはいるのですが、
24時間ずっと子どもと一緒にいると頭ではわかっていてもママだって人間なので、
イライラしたり落ち込んだり感情的になってしまうものですよね。

そこでまず、なぜ大好きなパパやママに「嫌い」って言っちゃうの?か調べてみました。
子どもがイヤイヤを言ったり癇癪を起こしたりすると、親の愛情不足って言われること多いですよね。
でも本当は・・・
イヤイヤも癇癪も、『パパやママなら大丈夫』と子どもが心の奥底で思っているからこそ出来るそうですよ。
ちゃんと愛情を感じてるから出来る!
『自己主張が出来る』環境ってことですね。
信頼関係がなければ、子どもが親の顔色見て気遣いするそうです。
「イヤイヤ」って言えるのは信頼関係があってこそなんです。
こんなことは分かると息子が可愛く思えます。
相手をするのは大変ですが、自分の愛情に自信をもって子育てしていきたいですね。

さて、とはいえ毎日の事なので対処法も必要ですよね。

【対処法】
子どもは、かっぱえびせんのコマーシャルではないですが
子どもは「やめられないし、止まらない」んです。
これは、「ドーパミン」の影響だそうです。
みなさんTVなどで「ドーパミン」て聞いたことありませんか?

「ドーパミン」とは「神経伝達物質」のことで、
子どもも大人も関係なく、私たち人間の行動は脳内の
「神経伝達物質」による影響が大きいそうです。
(神経伝達物質とは、神経から神経へ情報を伝える大変重要な役割を担っている物質のこと。)

ドーパミンは、何かしらの行動をしているときに新しい情報が入ってくると分泌され、
このとき私たち人間は「面白そう!」と感じます。
ドーパミンには、分泌される前にした行動をもっとやるよう強化するような作用があります。
親である私たちがどんなに注意しても、
ドーパミンの作用によって子どもたちはその行為をやめられない状態になるそうです。

例えば、子どもがおもちゃで窓ガラスを叩いたとして、
親は当然ガラスが割れると危ないし困るので、
「やめなさい」と注意しますよね。
しかし、このときの子どもの脳内では、
今までにない親の新しい反応によってドーパミンが分泌され、
ガラスを叩くという行動が面白いものとして認識されます。
よって、この行動を繰り返すのです。
これは親からするとこの子は言うことを聞かない…というように感じますよね。

単にドーパミンという物質の作用であることだと理解できれば、
ドーパミンは叱るときだけでなく、褒めるときにも作用するそうなので
褒め方を毎回工夫していくと良いかもしれませんね。

今回紹介したように、子どもが言うことを聞いてくれないことは
「ドーパミンの作用」であるということを少し理解して、
さらに、イヤイヤも癇癪も『パパやママなら大丈夫』と子どもが心の奥底で思っているからこそなんだと分かると
イライラするより、なーんだ!大好きなんだね。って気持ちが楽になりますよね。

イヤ3

皆さんの子育ての少しお役に立てれば幸いです。
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように

【ママブログVol.36】絵本と言葉

皆さんこんにちは。
1月12日は東京にも初雪がありましたね。
年が明けたと思えばもう1月も終わってしまいましたね。
我が家は、保育園でインフルエンザがちらほらと出て
毎日ビクビクしていました。

絵本読んでる家族

前回のブログで言葉と心のテーマでご紹介した

絵本繰り返し読んでという子どもの言葉と心を
もう少し掘り下げて【子どもの繰り返しや絵本】についてご紹介しようと思ます。

【繰り返しの大事な意味】
赤ちゃんに「いない、いない、ばあ」をして1回で飽きてしまう
なんてことありませんよね。
何度も何度もやってもケラケラ笑って喜びますよね。

歩き始めの頃も、親はヒヤヒヤしながら見守っていますが
何度も何度も転んで歩けるようになりますよね。

これは本能に近い習性であり、繰り返し好きでなければ
子どもは成長することができないかもしれないそうです。

絵本を読んで私が感じたのは、うちの息子の年齢で読む絵本は
文章がそもそも繰り返しが多いです。
例えば、「きんぎょがにげた」や「おおきなかぶ」や「ももたろうさん」などの絵本は
何度も何度もセリフが繰り返されます。
私は、ついつい省略したくなりますが、
子どもは「繰り返し」が好きな生き物で
繰り返して様々なことを習得していくと知った今では
省略せずに、絵本もう一回読んでと言われても
「読もう」って思えるようになりました。

きんぎょがにげた絵本おおきなかぶ絵本

また、普段忙しいママたちは、(私も含めて)

「早くして」「きちんとして」なんて言葉よく言っていませんか?
私は言ってました。
絵本では、このシンプルな言葉を豊かな文章で表現してくれます。
日常の足りない言葉をカバーしてくれるという点でも
絵本はとても良いと思います。

我が家では、息子は絵本を読んでいても全く関係ない絵を指して
「お月さまいるよ」「猫寝てるよ」などと絵を見ては、自由な発言をしてきます。
その度、読んでいるストーリーは止まります。
「お月さまいるね」「猫寝てるね」と共感するので読み進めません。
その事を保育園の先生に話したら、コミュニケーションの時間だと思ってください。
4歳5歳と成長していくと、その本のストーリーに関心を持つようになりますよ。と
アドバイスしてくれました。
「静かに最後まで聞いて」とか「前も同じこと聞いたよ」と言ってしまうと
拒否された気分になってしまうので、親子のスキンシップの一つとして
子どもが満足するように答えてあげることも大切だそうです。
ついつい言ってしまう私ですが、意識して改善している最中です。

子どもが様々な言葉を吸収して絵本の世界を想像して体験していくなかで
私も子どもと一緒に久しぶりに絵本を楽しうと思いました。

冒頭にも書きましたが、この時期にインフルエンザ流行っています。
お正月に新年会にと忙しい1月だったと思います。
皆さんもお気をつけください。
今月もご機嫌な日々を過ごせますように。