【恵比寿駅情報 vol.7】10月19日・20日べったら市開催中♪

【恵比寿駅周辺で『べったら市』開催中

10月19日、20日の2日間「日本橋恵比寿講べったら市」が開催されます。

http://www.enjoytokyo.jp/amuse/event/655050/

~~べったら市とは?~~

江戸時代の中ごろから、宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講にお供えするため、前日の19日に市が立ち、魚や野菜、小宮(神棚)などが売られたのが始りで、糀(こうじ)をべったりつけた浅漬け大根がよく売られたので「べったら市」と呼ばれるようになったそうです。

【出店がいっぱい♪

もともとは魚や野菜が売られていた「べったら市」ですが、今は「カステラ」「焼き鳥」「たこ焼き」「クレープ」などが沢山売られれていて今日の恵比寿は大変にぎやかです♪

お昼から飲んでる人も沢山いますよ~!

PA170001
いつもはこんな感じの恵比寿神社前も…
IMG_2089
今日はこんな感じです!
IMG_2093
事務所のベランダから見た露店の様子
IMG_2091
恵比寿神社の様子

 

本日はお神輿が出て、明日は盆踊り等も行われるらしいです。

ちなみに露天で出店している『創業80年の宮内庁御用達「東京にいたか屋」のべったら漬け』は昭和天皇にも献上され、こよなく愛されている味だそうです。

【そもそも『べったら漬け』とは

“べったら漬け”と呼ばれる所以は、アメと麹で大根を漬け込んでいるため、衣服にべったりとついてしまうことから。かつて若者は「べったりつくぞぉ~、べったりつくぞぉ~」と叫びながら縄に縛った大根を振り回して参詣客の着物の袖につけてからかっていたのだとか。

数ある中でも東京にいたか屋の「東京べったら漬」は歴史が古く、江戸時代中期にまで遡る。永きにわたって多くの人々に愛されてきた「東京べったら漬」は昭和32年、那須御用邸に参上、天皇陛下・皇后陛下へ献上され昭和40年からは宮内庁御用達となった逸品。

べったら漬は私の好物の一つなので帰りに買って帰って家族と頂きます♪

【祝】事務所が移転しました♪

【事務所が新しくなりました

2015年10月にアイミリーの事務所が移転しました。

会社のコンセプトでもある「女性が来店しやすいお店」に少しでも近づけるように内装などもこだわってみました♪

東京都渋谷区恵比寿西1-10-6 恵比寿ツインズ8階

※西口の恵比寿像付近から北西の方向に見えるピンクっぽいビル(恵比寿TWINS)の8階です。

駅から見たビル
赤文字で「EBISU TWINS」のマークが目印

 

駒沢通りから恵比寿神社が見えたら右に曲がるとエントランスがあります。

少し段差がありますので、ベビーカーでお越しの際はお気軽にお電話くださいね。

スタッフがお手伝いに参ります♪

PA170001
ビルエントランスから撮影
PA180006
日比谷線4番出口から出て30秒の立地

【店内の様子

接客のスペースは4人席が2台と、4人掛けカウンターが1台あります。

小さなお子様がいても安心なキッズスペース
小さなお子様がいても安心なキッズスペース。スタッフが毎日清潔に保っているので安心してご利用頂けます。

 

店内にはカウンター席とテーブル席が2セットあります♪

 

PA180003
個室(契約等はこちらのお席で)

 

PA180001
ベランダからはアトレや六本木ヒルズが見えます

【これからのアイミリー

今回の移転で会社の目指す姿の達成に一歩近づけたと思います。

どんな会社

 

ゴキゲンママ

http://www.i-mily.co.jp/mission/index.html#mission01

様々なステージで輝く女性を「住まい」をもってお手伝いできるような会社にする為に、これからもスタッフ一同新しい店舗で努力を続けていきます。

 

 

【ママブログVol.11】こども大喜び間違いなし!とってもかわいい「デコパ」上履き

デコパージュって何?

幼稚園や保育園でじわじわと人気が高まっている「デコうわばき」ご存知ですか?
中でも「デコパージュ」という方法で仕上げた「デコパージュうわばき」は、まるでプロがイラストを書いたような出来栄えなのに、実は誰でも簡単にできるとの評判です。

 

今回は娘が保育園で使う上履きに初デコパージュしてみました!

そもそもデコパージュとは、、、フランス語で「切り抜く」「切り裂く」などを意味します。

したがって、自分の好きな紙を切り抜いて、箱やビン、小物など様々な素材に貼りつける技法がデコパージュです。
 
デコパージュには、専用の糊が必要です。
専用の糊を使うことで、ペーパーナプキンのような薄い紙から写真、ポスターなどの柄を、ガラスやプラスチック、木、布などあらゆる素材に入りつけることが可能となります。
接着材として、どんな素材にも使えるデコパージュ専用の糊は、非常に便利です。
しかも、接着剤としての働き以外にも、「コーディング」や「防水」といった効果まであります。
デコパージュ専用の糊として人気が高いのは、ケマージュと呼ばれるものです。

 

けれども、デコパージュをこれから始めようと思っている人には、少しお値段が高めで量も多いとい欠点があります。

最近ではデコパージュ人気を受けて、ダイソー、セリアでケマージュの品質と負けず劣らずの製品が販売されています。
w621_o0640048013122183979
出典 http://ameblo.jp/monta-hiropon/entry-11949385375.html

さぁ作ってみましょう!

【材料】
スニーカー(上履き)
紙ナフキン
デコパージュ専用液
※紙ナフキンは白地に柄が描かれているもの
※今回は紙ナフキンではなく、薄手の布を使用【道具】
はさみ
ハケ(平筆が塗りやすくておすすめ)
平皿(ハケを洗う水を入れる用)
ハケを拭く雑巾
※細かい部分が切りやすい手芸用のハサミがおすすめ

 

手順1 貼りたい物に合わせて紙をカット
※ペーパーナプキンは数枚の紙が重なってできています。デコパージュで使うのは絵柄の紙のみ。破かないように注意して剥がします。
手順2 デコパージュ液を塗る
手順3 カットした紙を貼る
手順4 トップコート用のデコパージュ液を塗る
手順5    完全に乾燥させて、完成★
空気が入っても、この段階では気にしなくてもOKです。乾くと、空気がちゃんと抜けてきます。
空気が抜けて、ビッシとなったら、再度、デコパージュ液を塗ります。
1~2回程度繰返し塗ることで、仕上がりとても綺麗になります。
白くなっても、乾くと透明になり、防水効果も高まるので心配なし。
トップコート用の液がなければ、貼り付けたのと同じデコパージュ液で問題ありません。
この時、紙から少しはみ出して塗っておくと剥がれにくくなります。

自然乾燥の場合は、半日ほどかけて、しっかりと乾かしてください。
ドライヤーの冷風を当てれば、少し時短できます。

デコパ上履き デコパ上履き2
興味があるから少しだけ作ってみたいという初心者さんは、100均のデコパージュ液で始めてみてはいかかでしょうか。

 

お子様のために、ぜひ挑戦してみてくださいね♫