【ママブログVol.43】子どものスマホやタブレットとの付き合い方

皆さんこんにちは。
梅雨が明けてから急に暑くなり、体がついていけないかと思いました。
皆さんが大丈夫でしたか?

アイミリーでは、嬉しいことにお盆休みを自分のタイミングで取っていいので
混んでる時期に子どもと帰省することや、お出かけも避けられたので大変助かりました。
私も息子もご機嫌に過ごせて本当に有難いことです。

子どもがいると暑い時期や混雑の中の移動はクタクタになりますよね。
ぐずる時期は特に、子どももママもお互いエネルギー使ってクタクタです。
ぐずる時や待ちきれない時は、我が家では子どもにYouTubeで好きなものを観せたり
簡単な子どものゲームをダウンロードしたりと何かと最後の手段として
スマホやタブレットに頼っています。

携帯

 

ところで、皆さんは子どもにスマホやタブレットを使用する時のルール決めていますか?

子どもに伝えていなくてもなんとなくルールを決めて使用させていますか?

携帯4

 

 

 

 

 

今回は、「スマホ18の約束」の記事を見つけたのでご紹介したいと思います。

「スマホ18の約束」は、アメリカ人のお母さんが13歳になる息子と交わした約束です。
見たことある方いると思います。

1:このスマホの持ち主は、あくまでもお母さんよ。
2:パスワードを決めたら、お母さんに知らせること。
3:お母さんやお父さんから着信があったら出なさい。必ずよ。
4:夜の間、スマホはママに預けて。電話は、相手の家に堂々と顔を出せる相手にだけよ。
5:学校には持っていかないこと。直接話した方が、あなたの力になるわ。
6:壊したら自己負担。一度はありうることだから貯金をしておいて。
7:うそや人を傷つけるための道具じゃないわ。人が人を傷つけるのを傍観したりそれに参加したりもダメ。
8:書き込む前に、その言葉を直接相手に言えるか考えなさい。
9:友達に、その家族が聞いたら傷つくようなことを言ってはダメ。
10:大人向けの画像は禁止よ。お母さんに見られても恥ずかしくないものだけにしなさい。
11:レストラン、映画館、そして人と話しているときはスイッチオフかマナーモードにしなさい。
12:あなたや知り合いの裸の写真をやり取りしてはダメ。一生つきまとわれ巨大なインターネットから、跡形もなく奪い取ることは絶対に不可能よ。
13:写真や動画もいいけれど、保存はそこそこにね。肌身で感じて記憶したものは、一生ものよ。
14:ときどきスマホなしで外出なさい。スマホは、不可欠なものではないの。流行に流されないのも大人の生き方よ。
15:チャートにない、新旧の音楽をダウンロードしてご覧なさい。こんなに音楽に手が届く時代は初めてよ。
16:はやりのゲームばかりでなく、言葉遊びやパズルなど、頭を使うゲームもときどきやってみてね。
17:検索の世界だけでなく、鳥がさえずる現実の世界もご覧なさい。歩いて見知らぬ人との会話も、楽しみなさい。
18:スマホの扱いに失敗したら一度お母さんに返して、じっくり話し合いしてお互いに成長していきましょう。

簡単に1~18まで簡単に伝えるとこんな感じです。

9月用

 

息子は3歳なのでここまではと思いますが、あっという間にその時期を迎えてしまう前に親が意識するのも大切かなと思いご紹介しました。

案外、子どもは横で大人たちのスマホやタブレットの操作を見て覚えるんですよね。

ちなみに我が家では、保育園のお迎えをした後は、子どもの時間と家事があるので
子どもが寝るまでは携帯を必要がある以外は触れないように意識しています。
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。