【ママブログVol.48 4歳児の集中力】

皆さんこんにちは。
早いですね。1月も終わってしまいました。
我が家では、もうすぐ4歳になる息子と映画を一緒に楽しめるようになってきました。好きな映画であればずいぶんと集中して観れるようになってきました。

そこで、今回は4歳児の集中力ってどうなんだろうと思い色々調べてみたのでご紹介します。

そもそも、子どもの集中力は年齢によって異なるのですが目安はというと
未就学児の場合は、年齢プラス1分程度だそうです。

3歳ならプラス1で4分程度
4歳ならプラス1で5分程度
ってことですよね
思ったより短い・・・(汗)

ここからは、子どもの集中力が続かない4つの原因とその環境を整え方ご紹介します。
集中力低下を防ぐ参考になればと思います。

【原因1】スマホやゲームが気になって勉強が手につかないと集中力が下がる

【環境を整え方】
スマホは便利なツールですが、子どもの集中力を考慮するとルールを設けることがおすすめです。
たとえば、決められた時間だけ使う、決められた場所だけで使うといったように、勉強への集中を削がないよう工夫を凝らしましょう。
同様に、ゲームも決められた時間や、リビングのような親がいる場所だけで行うようなルールづくりが良いかもしれませんね。

2月ブログ2020-9

【原因2】睡眠がとれていないと集中力が下がる

【環境を整え方】
財団法人日本小児保健協会が実施した調査によると、「夜22時以降に就寝する子ども」は1歳6ヶ月、2歳、3歳で半数を超えたことが報告されています。子どもの睡眠不足は、集中力の低下のみならず、成長の遅れや食欲不振などにつながってしまいます。なかなか子どもが寝付けない場合は、散歩や軽いストレッチなど、運動を一緒にやってみるのも良いと思います。ただし、就寝の2時間前には終わらせておきましょう。また、照明を下げることも、睡眠を誘導するのに欠かせませんね。

【原因3】栄養バランスがとれていないと集中力が下がる

【環境を整え方】
特にカルシウムやマグネシウム、ビタミンCといった栄養素が不足してしまうと、集中力の低下が懸念されるそうです。
また、水分不足、鉄分不足も血液の流れを滞らせるため集中力の低下を招いてしまいます。
ちなみに、子どもの集中力を高めるのに期待できる栄養素は

*ブドウ糖(ご飯、パン、いも類など)
*DHA【ドコサヘキサエン酸】(鮪、鮭、いわしなど)
*鉄分 (豚肉、レバー、あさり、納豆など)

だそうです。普段の生活でバランスよく摂取したいですね。
うちの息子は納豆が大嫌いなので鉄分は意識しないといけないです。

2月ブログ2020-7

 

 

 

 

 

【原因4】 温度や湿度といった環境のバランスがとれていないと集中力が下がる

【環境を整え方】
人はあまりにも湿気が高い室内では、不快感と疲れやすさを感じてしまいます。
理想的な室内の温度は25度程度、湿度は夏であれば40~50%、冬であれば45~60%です。

また、周りの騒音も集中力に影響します。
うるさすぎるところは当然集中力が低下しますが、反対に静かすぎるところも集中力が散漫になってしまいます。
これは、人には無意識に音を探そうとするという習性があるためだそうです。
静かすぎず、うるさすぎない、適度な雑音が発生している環境づくりをすることで、子どもの集中力を維持できるそうです。
これってリビングで親が話していて、横で宿題する子どもは案外集中して勉強していると聞きますがまさにこれなんですかね。

2月ブログ2020-8

 

集中力は大人になっても必要になる大切な力です。

そのため子どものうちから、伸ばしていくように意識したいですね。
スマホやゲームの使いすぎ、睡眠不足、栄養バランス、周りの環境など子どもの集中力の低下に大きく影響することが
分かったので、まずは普段の生活で親が子どもの集中力が低下しないように環境を整えてあげたいと思いました。

余談ですが、集中力を高める遊びでジグソーパズルやお手本を見ながらつくる折り紙などおススメらしいです。

2月ブログ2020-10 2月ブログ2020-11

 

 

 

 

 

 

集中力を高める遊びを取り入れて、集中力アップにつなげられたらと思いました。

皆さんも良かったら参考にしてくださいね。

今月も皆さんご機嫌に過ごせますように。