【ママブログVol.51 免疫力をアップさせる食材20】

皆さんこんにちは。
4月5月の自粛が明け、6月から電車で通勤する方なども増えてきていますよね。
しかしまだ、コロナに対応できるお薬も予防薬も出来ていないので、
しっかりみんなで意識して乗り越えていきましょう!

4月5月の仕事や生活のリズムの変化で、気づかないうちに身体の疲れや精神的な疲れが蓄積されていると思います。
この時期免疫低下してしまうとコロナだけではなく、
他も病気にもかかりやすくなってしまうので気を付けて下さい。
そこで、今回は【免疫力をアップさせる食材20】をご紹介したいと思います。

そもそも免疫力とは?と思う人もいますよね。
簡単に説明すると
「健康を害するものと闘う力のこと」を言います。
細菌やウイルスなどの外部からの侵入を防いだり、
体でできてしまった健康を害する細胞を除去してくれる自己防衛機能のことなんです。

免疫力が低いと起きること3つ

1.風邪をひきやすくなる

免疫力が低い=外部からのウイルスが侵入しやすくなっている状況です。
疲れや寝不足などの体調の変化でも免疫力は低下し、風邪をひいてしまうことがあります。
また風邪が悪化しやすく、長く仕事や学校を休まないといけなくなることもあります。

2.疲れやすくなる

免疫力は、ウイルスと闘ってくれています。
この力が弱いと、無理をして免疫反応を働かせてウイルスと闘ってしまいます。
そのため逆に多くのエネルギーを必要としてしまい、
いつも以上に体力を消耗し疲労を感じやすくなってしまうのです。

3.アレルギーを引き起こす

免疫力が低下していると、花粉症などのアレルギーを引き起こす可能性があります。
アレルギーは体内に花粉などの異物が侵入したときに免疫機能が過剰に反応して起きます。
免疫力が低下しているため、正常に機能しなくなり、症状が出てしまいます。

ウィルス 6月ブログ2

 

 

 

 

免疫力をアップさせる食材20

1.ヨーグルト

体にある免疫細胞の多くは腸内に存在しています。そのため腸内環境を整えることは免疫力を上げることに繋がります。
腸内環境改善には、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌が効果的です。

ただしヨーグルトから摂取した乳酸菌は胃や腸まで届いた後、善玉菌を増やしてから死滅し、
体外に排出されてしまいます。効果を持続させるためには毎日食べ続けることが大切です。
コンビニやスーパーに様々な種類が売っています。食べ比べて、自分の好きな種類を見つけるのも楽しいですね。

ウィルス 6月ブログ3

 

 

 

 

 

2.納豆

納豆は免疫力向上を手助けしてくれるビタミンB群をはじめ、ビタミンE、ミネラル類のカルシウムやカリウム、
鉄、マグネシウム、亜鉛、リンなどを豊富に含んでいます。

そして納豆菌にはo-157などの病原性大腸菌やサルモネラ菌を予防するほどの強力な殺菌力があります。
またサポニンという成分が免疫細胞のエサになり、免疫力も高めてくれます。
毎日1パックずつ、1日のどこかで取り入れるようにしたいですね。
ちなみにおススメは夜食べることが体に良いそうです。
また、納豆の成分は熱に弱いため、ご飯にのせるよりそのまま食べたほうが納豆の栄養素を壊さず摂取できるので良いそうです。

3.にんにく

アリシンという成分に、非常に強力な殺菌力があります。
そのため風邪やインフルエンザなどにも効果は絶大です。
ただにんにくの殺菌力は2日ほどで消えてしまうため、こまめに毎日の食卓へ出すことが大切です。

私は、最近免疫を気にして毎日家族で【黒にんにく】を食べています。
友達が作ってくれるのでそれを毎月購入しています。

ウィルス 6月ブログ6

 

 

 

 

 

 

 

 
4.長芋

ぬめりに含まれる成分であるムチンは、免疫力を高めて疲労回復させる効果があります。
ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれます。

またタンパク質の分解を助けるため、免疫細胞に必要なタンパク質の吸収をよくしてくれます。
ただムチンは熱に弱く、擦ることで栄養素が失われてしまいます。
そのため生の長芋を皮を向き包丁で薄く切って、鰹節をかけお醤油で食べるのがおすすめです。
その他にも 5.りんご 6.鶏肉 7.味噌 8.大根 9.小松菜 10.バナナ 11.かぼちゃ

12.ブロッコリー 13.緑茶 14.胡麻 15.アーモンド 16.アボカド 17.生姜 18.人参

19.白菜 20.卵 と色々な食材があるので苦手なものがあっても、
この中で好きなもので摂取して免疫をアップさせてみてがいがかでしょう。

プランター5

 

 

 

 

 

 

 

 

コロナに負けず、今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。