洗濯4

【ママブログVol.41】洗濯のコツ

皆さんこんにちは。
今年も半分終わてしまいましたね。
暑い夏が近づいてきますね。
お天気が不安定な中、我が家では保育園で元気に汚してくる
息子ちゃんの洗濯物の匂いを気にしながら、乾かすのにテンテコマイです。
毎日量が多いんですよね。(^^;)

そこで、今回は、洗濯のニオイの元や乾かし方などご紹介します。

【生乾きのニオイの元】
ニオイの元は、ズバリ「モラクセラ真正細菌」と「4メチル3ヘキセン酸」です。聞いたことないですよね(^^;)私もないです。

ニオイのメカニズムをお話しすると、

「モラクセラ真正細菌」は増殖する際に「4メチル3ヘキセン酸」を作り、
これが生乾きのニオイになるというわけです。

これは、専門的なので置いておきます。
簡単に言うと、最近TVで「ゾンビ臭」といういわれているヤツです。

①悪臭菌が繁殖する温度
②雑菌が繁殖しやすい高い湿度
③菌の栄養源となる皮脂汚れ

3つの原因で発生します。
この3つの原因を毎日のお洗濯の中でどのように気にかけるかご紹介します。
少しでも参考になれば幸いです。

洗濯6

1.洗濯槽の中に何日間も洗濯物を入れていてはNG
よごれた洗濯物を、洗濯カゴではなく
洗濯槽の中にポイッと入れていないでしょうか?
汗やホコリでよごれた洗濯物を、
洗濯槽の中に閉じ込めてしまうと中で蒸れて
「モラクセラ真正細菌」が増殖して
「4メチル3ヘキセン酸」という生乾き臭が作られてしまうのです。

洗濯物は直接洗濯槽には入れず洗濯カゴを用意して、
その中に入れるようにしましょう。
洗濯カゴは洗濯槽の中よりは通気性が良いので、
「モラクセラ真正細菌」もそこまで繁殖しません。
ひと工夫するだけで、生乾き臭もグッと減るので試してみてくださいね。

洗濯2

 

2.一度に多くの洗濯をしていないか?

洗濯をする時に、洗濯機に入るだけパンパンに入れて洗濯していないでしょうか?
一度に洗濯するのに最適な量は、洗濯槽の約八分目の量だそうです。

あまり多く洗濯物を入れてしまうと、
洗剤が服のすみずみにまで回りきらないので、汚れがよく落ちません。
汚れが落ちないと、服に皮脂汚れや雑菌がついたままになり、
生乾き臭の元となってしまうのです。
洗濯する時は洗濯槽の「八分目まで」を心がけてくださいね。

3.洗濯後に洗濯機のフタをすぐ閉めていないか?

洗濯が終わったら、すぐに洗濯機のフタを閉めずに、
乾燥するまでフタは開けておきましょう。
洗濯物の汚れが洗濯槽の裏側についていたり、
洗濯槽自体が裏側にカビを作っていることがあります。
乾燥させないと、そのようなカビや雑菌が洗濯槽の中で増えてしまうのです。

洗濯が終わった後の洗濯機の中は、水分と熱でいっぱいです。
洗濯機は水や洗剤を扱うので清潔なイメージですが、
乾燥させたり、定期的に洗濯槽のクリーニングをしないと雑菌が増えてしまいます。
パッと見ただけでは洗濯槽のカビは裏側にくっついているので、わかりません。
しかし、買ったばかりの洗濯機でも、
早い家庭では一ヶ月で洗濯槽の裏にカビが生えてしまいます。
洗濯している時に、黒や茶色の汚れがでてきたら、
カビが増えてきた合図だと思って下さい。

普通の洗剤で洗濯物を洗っているだけでは、洗濯槽のカビは落とせません。
酸素系漂白剤で、洗濯するのとは別に水をためて
半日がかりでクリーニングする必要があります。
雑菌まみれの洗濯機でいくら洗濯をしても、服に雑菌をつけていることになります。
定期的に洗濯槽のクリーニングをするようにしましょう。

4.干している時に服と服がくっついている
洗濯物が多かった日は、どうしても服と服の間隔が狭くなりがちです。
干した時は、間隔を離したつもりでも、
風が吹くと服と服がくっついていたりしますよね。
服と服が近すぎると、空気が通らないので、
どうしても乾く時間が遅くなってしまいます。

洗濯

 

 

 

 

干す場所が足りなくなってきたと思ったら、
家の中に突っ張り棒をして洗濯物を干すようにしたり、
浴室乾燥機があれば、上手に利用して洗濯物を乾かすようにしてみましょう。
もう一本、竿竹が増えるだけで、かなり洗濯物の乾くスピードが早くなりますよ。

ちなみに服と服の間は、最低5センチ離すことを目安にすると良いそうです。

5.一度ついた臭いは、外に干しても消えない

洗濯物を干している途中で、洗濯物から生乾きのニオイがしてきたことに気づいて、
あわてて家の外に出して干したことはないでしょうか?
残念ながら「モラクセラ真正細菌」は強力なので、
一度ついた生乾きのニオイは、きちんと乾かすことでは取れないことが多いのです。

生乾きの臭いである「モラクセラ真正細菌」が増殖した時に作られる
「4メチル3ヘキセン酸」は、乾いている時よりも濡れた時に強く臭いを感じます。
そのため洗濯物を取り込んだ時には臭わなくても、
濡れた顔をタオルで吹くと湿るので臭いが出てくるのです。

汗や皮脂は「モラクセラ真正細菌」のエサなので、洗濯して取るしかありません。
生乾きの臭いがしたら、再度洗濯をして
エサとなっている汗や皮脂汚れを取り除きましょう。

洗濯7

 

 

 

洗濯は、
・酸素系漂白剤や除菌ができる洗剤を使ってみる。
・洗濯したら、すぐに干す。
・部屋干しは扇風機や除湿機の併用をする。
のもよいかもしれませんね。

 
今月も皆さんがご機嫌に過ごせますように。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>