家庭菜園 イラスト

【ママブログVol.10】こどもが野菜好きになる?!家庭菜園

【こどもが野菜好きになる?家庭菜園】

きゅうり、プチトマト、なす、ハーブ。

わざわざ畑で栽培しなくても自宅で十分作れるってご存知でしたか。

手間暇は確かにかかりますが、できた時の感動は大きいです。味まで美味しく感じますね!

お子さんと一緒に食育の大切さを考えられるチャンスです。是非、ご自宅で野菜をつくって食べてみてはいかがでしょうか!

我が家ではプチトマトにチャレンジしてみました!

「とまぴー」と「きんちゃん」という名前をこどもがつけて、毎日声をかけながらお水をやり続けました!

天候の関係で思ったほどの収穫はできなかったものの、家族みんなで毎朝

「あ!とまぴーときんちゃんにお水あげなくっちゃ!」

とあわただしくお水をあげにいったこと、何日もたってやっと一つ目の実がなっていた時の喜びといったら忘れられない思い出になりましたよ☆

【1】きゅうり

きゅうり

4月頃に種をまくのがベスト!

きゅうりは育ちが早い代表的な野菜。

育てるのもかなり簡単と言われており、いろいろな方法で栽培が出来ます。

土地がある一軒家などは地面に植えられますが、都心ではマンション住まいも多いですよね。

その場合、家庭菜園用プランターという大型のプランターに2株ぐらいがベストなので、ぜひ家庭菜園用プランターを購入してみてください。

通常の培養土で十分なので育てやすく費用もあまりかかりません。

4月ごろが種まきの季節です。

【2】ミニトマト

プチトマト

4月から6月にかけてが種まきのシーズン!

お弁当に入れる野菜の代表選手のミニトマト。

自分で作るとトマト嫌いだったのに大好きになるお子さんもいるとか。

最近はすぐに始める菜園ミニトマトのキットもホームセンターに販売していますので簡単です。

ミニトマトの良さはベランダでも作れる気軽さ。

タネからはじめるのは時間がかかる植物なので、一番簡単なのは苗を購入してくること。

支柱はトマトがおおきくなる上で大切なので絶対に忘れないでくださいね。

4月から6月までが種まきのシーズンです。

【3】ホウレンソウ

ほうれん草

冬にも植えられる面白い簡単野菜!

四季を通して様々な野菜を育てることができるのですが、はじめたい思ったタイミングでその時期に育てやすい野菜を知ることも大切。

初心者にはホウレンソウがかなり簡単と言われています。
日当たりが悪くても丈夫に育つ野菜なので子どもと育てるのに途中で枯れてしまうなど悲しい事にならないのでお薦めです。

1か月程度で育つのでチャレンジしてみませんか。

まとめると、、、

家庭菜園って手間暇がかかりそう、などちょっと不安な事もありますよね。

しかし簡単に育つ植物を選べば本当に楽しんで育てる事が出来ます。

いちご狩りなどはしたことがある人も、自分で野菜を育てるのはチャレンジするのに少し躊躇してしまうかもしれません。

家庭菜園を借りなくても、自宅で、自分たちの手で育てて収穫して食べる。

この一連の行動が子どもの健康にも食育にも良い影響を与えるといいですね。

無題

出典:https://feature.cozre.jp/41543

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>