【アイミリークラブ会員のイベント企画ご案内 Vol.1】

【アイミリークラブ会員のイベント企画ご案内】

この度、アイミリークラブ会員の特典イベントとして6月30日(日曜日)にBBQを企画します♪
日頃お世話になっている皆さまへのほんの「お礼」としてお気軽に参加してください。
もちろん会員さんだけでなく、ご家族やお友達とご参加いただいてもOKです♪
お子様連れの参加も歓迎です♪
【日時】 6月30日(日曜日)10時開始
(10時~13時の3時間の枠を確保しております)
公園内にあり、お台場等も近いのでBBQ後も楽しい時間をお過ごしいただけるかと思います。
 
【お願い】
参加人数をお知らせください。また途中での変更の場合も随時お知らせくださいませ。
【場所】そなエリアバーベキュー場(東京都江東区有明3丁目8番35号)
マップ3
【その他ご連絡事項】
●もちろん参加は無料です。
●食べたいor焼きたい食材があればご自由にお持ちください。
●雨天時は中止します。
●開催の有無は前日に告知予定です。
マップ
※こちらのご案内は随時確定次第更新していきます。
BBQ2

【ママブログVol.34】トイレトレーニング

さんこんにちは。

だんだんと寒くなってきましたね。

そんな中、我が家では夏にとれずにいた息子のオムツトレーニングしていますが毎日進まず、私の根気のなさに凹んでおります。

オムツがとれるまでってどうなんだろう?と思いましたので、今回色々調べてブログに書いてみました。皆さんの参考になれば嬉しいです。

【開始時期】

決めるポイントは、月齢ではなく、子どもの心や体が「自分でトイレに行く」ための準備が出来ているかどうかです。

またトイレトレーニングを始められるか、見極めるポイントは以下の3つあります。

● トイレまで自分で歩いて行ける。

● 「だっこ」「イヤ」「おしっこ」など簡単な言葉で、おうちのかたと意思の疎通ができる。

● おしっこの間隔が2時間以上空く。(おうちのかたがこまめにオムツを触ってみるとわかります)

これらが揃ってきたら、トイレトレーニングを開始することができるそうです。

12月お○2

 

2歳からのトイレトレーニングのポイント

【ステップ1】

子どもが「トイレ」や「おしっこ」「うんち」について、その言葉の指す意味がわかっているかどうかを確認しましょう。理解していない場合は、おうちのかたのトイレを見せてあげたり、絵本や教材、DVDなどを利用したりして、トイレについて知ってもらうところから始めます。

トイレへの興味がわいてくると、「自分もやってみたい」「自分もできるはず」という気持ちが芽生えてきます。それから、次のステップに進みましょう。

【ステップ2】

(生活の区切りでトイレに誘って、便座やおまるに座ってみる)

子どもがおしっこやうんちを理解してきたら、最初はおうちのかたが誘う形でもよいので、トイレに行ってみましょう。

トイレに誘うタイミングは、「起床時」「食事の前後」「出かける前」など生活の区切りが良いそうです。

ちなみに私は、お風呂入る前などにも声がけしています。うまくおしっこやうんちができたら、「よくできたね」といっぱい褒めています。

2歳のお子さんなら、トイレットペーパーの使い方、水を流すこと、手を洗うことなど、トイレでの一連の動作も一つひとつ教えてあげれば、できるようになるなります。

【ステップ3】

(「おしっこ」や「うんち」を自分から教えてくれるようになる)

トイレへの理解が進めば、自分がオムツの中で、「おしっこをした」「うんちが出た」というのがわかるようになってきます。そうなるためにも、日ごろからオムツ替えのときにおうちのかたが「おしっこ出たね」と声かけをしてあげるといいでしょう。

2歳児の中には、おしっこやうんちと言うのが恥ずかしいと思う子もいます。そういう時は、「食べたものがうんちやおしっこになること」や「皆がうんちやおしっこをトイレでしていること」などを、絵本や教材を使って説明してあげましょう。

トイレに行くことがとても大切なことだとわかると、恥ずかしいという気持ちはなくなるでしょう。

子どもが自分でトイレやおしっこ、うんちが言えたときは、「よく言えたね」とたくさん褒めてあげましょう。小さなことでも「褒める」→「自信をつける」を繰り返していくのが、とても大切なことだそうです。

トイレトレーニングは、子どもの成長の大きなステップですよね。時間がかかっても自分でできるように、おおらかな気持ちでサポートしてあげたいです。と毎日思っています。

【ステップ4】

(トレーニングパンツや布パンツを履いてみる)

トイレに行って、「おしっこ」や「うんち」が5割位成功するようになってきたら、昼間はトレーニングパンツか布パンツを履かせてみましょう。「パンツの中でおしっこをすると、濡れて気持ち悪い」ということがわかれば、失敗しないように自分からトイレに行くことができるようになるでしょう。

(夜のパンツは朝までおしっこをしなくなってから)

昼間トイレに行けるようになっても、夜はおねしょしてしまう、という場合も多いそうです。夜におしっこをしなくなるためには、「膀胱が大きくなっていること」と「抗利尿ホルモン」という睡眠時に尿の量を減らすホルモンが分泌されることが必要です。これらは、身体の成長なので、その時期が来るのを待つしかありません。おねしょが続くうちは夜用のオムツを履かせてあげましょう。

朝一番で、オムツが濡れていない日が続いてきたら、夜もパンツにすると良いかもしれませんね。

ちなみに我が家では、トレーニングパンツを「お兄ちゃんパンツ」という名前で呼ぶと、喜んで履いてくれます。

12月お○3

【オムツはずれ、みんなはどれぐらいの期間かけているの?】

トイレトレーニングを始めると、まわりのお友だちがどんどん成功していくのを見て焦りますよね。

約7割の人が3ヵ月以上かかっているみたいです。1年以上かかっていることもあるそうです。トイレトレーニングの進み具合は個人差が大きいですね。まわりと比較せず、子どものペースを優先して進めていくことが大切だと感じますね。

トイレトレーニングで大切なことは、「自律性」と「やる気」です。

自分でトイレに行けるようになることは、子どもの自信につながり、自己肯定感を育ててくれます。自己肯定感は、社会のルールに従うことや感情のコントロールができるための土台となっていきます。また、トイレトレーニングでの失敗体験によって、「次は失敗しないで褒められるように頑張ろう」というやる気を得られます。

toire

トイレトレーニングは、子どもの大きな成長の一歩です!

大切なことは、おうちのかたが「叱らない」「褒める」ということなですね。

「叱られる」は、子供にとってプレッシャーとなって伝わりますよね。

子どもを信じ、成長を楽しみに、乗り切っていきましょう!

【ママブログVol.33】子どもの歯磨き

皆さんこんにちは。

あんなに暑かったのにすっかり寒くなってきましたね。

私は、毎日子どもに着せる洋服に迷いがあり寒かった?風邪ひいてない?とまだまだ洋服のバランスが整いません。

先日保育園で歯科検診があり問題はなかったのですが、最近「飴」食べたいばかり言うので、歯磨きを気にしなければと思ってます。

そこで今回は子どもの歯磨きや歯ついてご紹介します。

【歯磨きのスタート】

歯磨きのスタートは、6ヵ月~1歳くらいが目安だそうです。

この時期は間食も少なく、唾液(だえき)の自浄作用で十分清潔に保てるそうなので慣れさせる感覚でやると良いそうです。

ちなみに私の息子は、歯が生えるのが遅かったので、1歳すぎくらいから磨くというより、歯ブラシに慣れる気持ちでやってました。

最初は、磨くマネができるだけでもOK!

仕上げ磨きのときにも、マイ歯ブラシをにぎらせて!

※ふだんは仕上げ磨き用の歯ブラシを子どもに持たせないようにしましょう。

喉に詰まらせたら危ない為です。

歯磨き1歯ブラシSTPER付き

ちなみに、赤ちゃんの歯は生後6ヵ月くらいにならないと赤ちゃんの歯は生えてきませんが実は歯の元になる“乳歯の芽”は、zでに妊娠6週目からできはじめています。

お母さんがとった今日の栄養が、お腹の赤ちゃんの歯を作ります。そのことを、ぜひ忘れないでください!

お腹の中の赤ちゃんのために、お母さんができること。

①しっかりむし歯を予防しよう。

②大切なカルシウムを十分にとろう。

③バランスのよいメニューを摂ろう。

④むし歯のある人は、安定期に治療をすませておこう。

そしてリラックスして過ごしましょう!

【歯磨きの基本は、楽しもう!褒めよう!慣れさせよう!】

☆「楽しい!」と感じる雰囲気をつくろう!

私は、大好きなキャラクター使う時間だよ!と声かけてます。

☆歯磨きあとは、いっぱい褒めよう!

私は、保育園の先生に上手に磨けたよ!って明日教えてあげないとね!どんどん上手になっていくね!と褒めてます。

☆決まった時間に繰り返して習慣にしよう!

我が家では、寝る前に行うことを意識しています。

口や顔をさわられることは、子どもたちが本能的にイヤがることのひとつ。

また、じっとして終わるのを待つことも子どもたちにはつらいものです。

大切なことは「歯磨きは楽しい!」と感じさせること。

終わったあとはいっぱい褒めて、毎日の習慣にしていきましょう。

歯磨き2

【やさしく磨くには、固定が大切】

小さな子どもの歯を、いやがられないようにやさしく磨くには固定が大切です。

固定ができれば、力が入りすぎたり動かしすぎたりすることもなく、細かい部分を正確に磨けるそうなので、みなさんも指を添えて磨いてみてください。

我が家では、上唇の裏側にある上唇小帯(唇と歯茎をつないでいる筋)を歯ブラシで傷つけないようにひとさし指で上唇を押さえ、ひとさし指に歯ブラシをそわせるように磨いてます。

力加減は、100~150gが目安だそうです。

キッチンスケールなどで押してみると力加減の目安になりそうですよね。

おススメします。

また、子どもを膝に寝かせて歯磨きする場合、ママは一生懸命歯磨きしていますが、下から見ている子どもは、ママの顔が怖く見えてしまう様です。

ママも笑顔で磨けると良いですよね。

私も、気をつけていますが、ついつい一生懸命な顔になってしまいます。

鏡を下に置いて、どんな顔か見てみるの確認できそうですね。怖いけど・・・

乳歯にむし歯が多い子どもは、よく噛むことができないため、あごが十分に成長しません。また永久歯も、むし歯になりやすくなるのです。当然、永久歯の歯並びが悪くなり、歯磨きがしにくい状態になります。あごの十分な発育もとても大事ですよね。

1つ参考までにご紹介します。

よく噛むことで、あごがしっかりと発育し、歯並びもかみ合わせもよくなります。さらに、足をつけて食べることで、噛む力は約20%もアップするそうなのです!食事の時に足がブラブラしていると、身体に力が入らず、噛む力も弱くなってしまいます。子どもが大人用の椅子を使う場合は、厚い雑誌などを床に置いて、足がブラブラしないように調節して、正しい姿勢で食事ができるように心がけましょう。

歯磨き3

当たり前のように私たちは歯磨きしていますが、子どもの事を考えるとまだまだ色々知らないことばかりです。子どもと一緒に楽しく大人も学べたらと思います。

【ママブログVol.32】赤ちゃんの感染症

こんにちは皆さん、雨も多くて夜は少し肌寒くなってきましたね。

今回の台風はとても大きく、通勤に影響した方もたくさんいましたよね。私も会社にようやくたどり着いた感じでした。

今息子の通っている保育園では、手足口病が流行っています。ここ最近は、いつお迎えのコールが鳴るかとヒヤヒヤしながら、携帯を横に置いて仕事しています。手足口病は、夏風邪の一種なのこの時期に出ているので、今回は子供の熱と感染症についてお話していこうと思います。

お熱あかちゃん

まず、みなさんは“熱”の定義をご存じでしょうか。

日本の感染症法による規定では37.5度以上の体温を「発熱」といい、38.0度以上を「高熱」と定義づけているそうです。しかし、体温は子どもも大人も関係なく、人によって個人差があります。お子さまの平熱を知ることで、病気や体調の変化に早く気づく手掛かりになりますね。

病気にかかったとき、乳幼児ほど熱を出しますよね。息子が通っている児科の先生によくこんなこと言われます。

ウイルスや細菌との初対戦の始まりだだから、抗体を作るということを繰り返していくうちに、体は自然と強くなり、発熱の回数や程度も下がってくるよ。小さな子どもほど熱を発し、親をハラハラさせるものだけど、いま目の前で熱を発しているのは、苦しんでいるからではなく病原菌と勇敢に戦っているからなのだと思えば、心配する気持ちより応援する気持ちの方が強くなるよ。と・・・ママとしては、応援します!でも早く強くなってもらいたいものです。

様々な感染症がありますが、かかりやすい感染症をご紹介します。

●口の中に口内炎を頻発する【ヘルペス性歯肉口内炎】

1歳から3歳の突然高熱を発したら、この病気である可能性があるそです。咳や鼻の症状がないので、明らかに風邪とは異なります。口の中に口内炎を頻発し、食事がしづらくなります。よだれを流すことが増えたり、唇や歯茎に腫れが見えたりするようなら、受診が必要です。熱は3~4日続き、口内炎は1~2週間続きますので、食べやすい食事などに変えるなど、工夫しないといけないですね。

●夏でも高熱が出る【ヘルパンギーナ】

ヘルパンギーナも口内炎を伴いますが、できる箇所は喉の奥。ひとつの場合もあれば、複数できることもあるそうです。特徴は高熱と口内炎です。この病気は数日で治ります。夏場の高熱で慌てますが、口内炎があればヘルパンギーナらしいです。ヘルパンギーナを含めた風邪に対する特効薬というのは、まだ開発されていないのでさまざまな風邪薬はありますが、どれも咳や鼻水などの症状を軽減することができる程度だそうです。息子は昨年2回もかかりました。

●ウイルス性胃腸炎

代表的なものは、ロタウイルスとノロウイルスです。どちらも1~2日の潜伏期間を経て発症します。激しい下痢と嘔吐(おうと)が主な症状。ロタウイルスの場合は便が白く濁るのが特徴です。

嘔吐と下痢で脱水症状を起こしがちになりますので水分の補給が欠かせません。

ノロウィルス

また、便や吐瀉物(としゃぶつ)を媒介として感染が拡がる可能性が高いので、処理における衛生管理と事後の入念な手洗いが重要。手洗いについては、家族みんながしっかりと行うようふだんから習慣づけておきましょう。

こちらもうちの息子は経験しました。そして、家族全員感染しました。私自身が先に治さなければ家のことが止まると思い必死で治した記憶がよみがえりました。

●手足口病

ウイルスが原因の感染症で、手や足に発疹、口内炎もできます。ほとんど熱は出ませんが、発熱を伴う型が流行する年もあります。1週間程度でほぼ完治しますが、感染力が強いので注意が必要です。ヘルペス性歯肉口内炎と同様に、口内炎を伴うので食事がしづらくなります。食べやすいメニューを工夫してあげたいですね。

手足口病は、夏風邪の一種ですが、手や足の発疹がひどくなると、とびひになったりするので皮膚科で診察してもらうと良いでしょう。

こちらもうちの息子は経験しました。さらに、私までうつり大人の方が症状は重かったです。爪の中にも水泡的なものが出来て、手も足の爪もほとんど剥がれました。足の裏も痛くて通勤が辛かったのを思い出します。

お薬あかちゃん

そろそろインフルエンザの予防接種も始まりますね赤ちゃんは2回お注射しなければいけないでスケジュール調整も大変ですが、なるべく感染しないように、自分の健康管理はもちろん、子どもの健康管理もしっかり行いたいものですね。

まだ小さい子はうがいも上手に出来ないので、手洗いだけでもしっかりしたいですよね。なかなか思い通りにはいかないものですが…。

働いていると子どもの突然の病気はとても大変です。

早退してお迎えや、会社休んで病院やらでママも疲労がたまるので

しっかり睡眠をとって、ウイルスに負けない体づくりを目指したいですね。

【ママブログVol.31】赤ちゃんとエアコンカビ

8月終わりましたが、まだ少し暑いですね。

今も来ていますが、8月後半は台風があちこちで発生して、今も大変な地域の方もいらっしゃると思います。外出も無理しないでくださいね。

前回梅雨の時期の過ごし方で、お掃除のご紹介しましたが、今回は、エアコンのお掃除についてご紹介したいと思います。

私は、エアコンのお掃除を7月にプロの方にお願いしたのですが、その方から聞いたのは、夏終わってから9月後半くらいの冷房を付けなくなる頃にお掃除するのがベストだそうです。

理由は、今からお話するカビを取り切れるタイミングがまさにその時期らしいです。

汚れたエアコンを使用すると、内部のカビやほこりがエアコンの風に乗って一緒に外に出てきます。

エアコンの風が臭うようになってきたら、汚れが溜まっているサイン。

そのまま使い続けると、エアコンから吹き出される空気に多量のカビが含まれ、夏型過敏性肺炎などの原因になることもあるそうです。エアコン3

私は、肺炎と言われてもピンと結びつかなかったですが、この前息子の風邪で小児科に行ったらこんなお話を小児科の先生から聞きました。

赤ちゃんカビ

【小さな子がエアコンカビで受ける影響】

体力や免疫力の低い赤ちゃんは、カビの影響を受けやすいと考えられます。

一度アレルギーになってしまうと、それこそ一生つきあっていかなければならないことも。

吸い込むことで、肺炎やアレルギー性鼻炎や呼吸器に疾患を発症することがあります。赤ちゃんのいる家庭では、カビ対策により神経を使う必要がありますね。

私自身エアコンは風出してるだけだし、カビというと、お風呂場や水場など水気の多い場所にあるイメージがあったので、そもそもエアコンカビはなんでできるの?って思ってました。調べたら、カビは案外どこにでも発生しやすいそうです。

かびるん

 

エアコンカビのキーポイントは「湿度」「温度」「ホコリ・汚れ」でした。

【温度】

エアコン内部の温度は厳密には異なりますが、

私たちが設定する快適な気温はカビにとっても繁殖しやすい条件なんです。

特に25〜35度付近は最も繁殖しやすい温度です。

【湿度】

エアコンを運転をすると、熱い空気と冷たい空気が触れ合うため、結露水が発生します。冷たいグラスに水滴がつくのと同じ原理です。

その水分は排水管を通って外に流れるのですが、一部がエアコン内部に残ってしまい、高い湿度の原因になります。風呂場に発生するカビと同様、エアコン内部に残った水分が繁殖のしやすさに繋がるのですね。

そのため、夏場のエアコンはカビ菌にとって絶好の環境となってしまっています。

ちなみに、暖房は、カビができないそうです。

【ホコリや汚れ】

カビが繁殖するためのエサとなるのが汚れです。

エアコンを付けている時は、常に空気が通っていて、家の中のホコリ、キッチンの油汚れなどたくさんの汚れが含まれています。カビは人の垢、食べカス、塗料など、なんでも養分にしてしまうため、エアコン内部は汚れが溜まりやすいのです。

この3つの原因は、生活している中でゼロにするのは難しいですよね。

でも、毎回エアコンのお手入れプロの頼むのもお金がかかり大変です。

そこで、エアコン掃除のプロの方にアドバイス頂きました。

①カビは水気を好むのでエアコン内部を乾燥させる必要があります。

梅雨時の除湿運転や夏場の冷蔵運転は使うたびに水気が発生しているため、

冷房や除湿機能を使った後は、冷房内部の湿度を下げるために送風運転をしてから、

電源を切ります。30分〜1時間程度送風運転をするのがオススメとのことです。

②暖房はカビが発生しないので、お掃除のプロの方にお願いする時期は夏の冷房使い終わった9月10月がベストだそうです。

年1は・・・なんて話してたら3年に1回とか羽の部分黒いのが付いてたらカビがたくさんいるのでお掃除ちゃんとした方がいいですねと言ってくれました。

私達の体のためにもエアコンのためにも、エアコンは定期的に掃除は必要ですね。

最後に1つ、大切なことがありました。

カビ胞子が部屋中に舞ってしまうので、赤ちゃんを別の部屋に移してから掃除しましょう!

のびのび

暑い夏の終わり気温の変化で体長も崩しやすいので、できるだけ

みなさんがご機嫌に過ごせますよーに

【ママブログVol.30】アイミリーを知ってほしい

こんにちは。毎日蒸し暑いですね

皆さんは体調崩してませんか?

私はシングルマザーで2歳の息子を育てながらアイミリーで働いています。

皆さんは、同じ年頃子供を育てていてこんな経験ないですか?

子どもがお熱で保育園から呼び出し連絡がきて会社早退させて頂き、

次の日子どもの体調の大事を取って保育園も休みママも会社の休み頂き過ごします

熱も下がりご機嫌も良いので3日目は保育園に登園させたら、

またお熱呼び出しがあり、会社早退させて頂きます。

4日目、また呼び出しで早退も気が引けるし、しっかり治して欲しいから休み取ろうとか考えていると、なんだか今週早退や休みばかり、会社の仲間に申し訳ない気持ちと子どもの病気の心配で気持ちが落ち込む。。。

今週謝ってばかりの週だった。(TT)

私の息子はよく熱を出すので、「職場にこれ以上、心配をかけられない」と思う気持ちが頻繁にありました。でもその気持ちを消し去ってくれたのがアイミリーでした。今回は、そのアイミリーの取り組みについてご紹介したいと思います。

1【脱!自分しかできない仕事】

アイミリーでは、突発的な仕事をなくすようにしています。

サポート体制をつくり自分しか出来ない仕事や期日がタイトな仕事をつくらないようにしています。

子どもが熱を出しても、保育園の行事が入っても、会社が理解して仲間が協力してくれる環境です。保育園イメージ

2【ママのための遠足制度】

アイミリーでは、遠足の制度があり皆とのコミュニケーションを取れる機会ができて楽しいです。

普段とは違う会社の仲間の一面を見れるもの面白いです。

もともと会社の夜の飲み会は少ないですが、夜の飲みや社員旅行は小さい子どもがいると参加出来ない事が多いですよね。

私はさらにシングルマザーなので、参加は全くできません。

クウォーターごとに1回遠足があるのでママの私には適度に丁度良いです。

3【嬉しい制度】

私が働き始めてびっくりしたのは、息子の誕生日の日に突然バースデープレゼントを頂いたんです。

入ったばかりなのに家族にバースデープレゼントという心遣いに感動しました。

また、ファミリーチケット制度といって、家族と食事してくださいねという制度もあります。会社の利益がでた時に配布されるのですが、皆で協力して売上げを上げたい!と思います。

会社の利益をいつも支えてくれる家族と共に素敵な時間を過ごして欲しいというアイミリーならではの制度です。

家族にも優しい温かい気配りで大好きな制度です。

4【ママのリフレッシュ制度】

会社の育休中に数時間のママリフレッシュ制度です。

子どもが生まれるとほとんど1年間は子どもと向き合っていますよね。

抱っこして何かすることも多くなっているママにとっては、肩こり腰痛には大きな問題ですよね。

今までは月に1回行っていたリフレッシュの美容室もなかなか行けなかったりしますよね。

いつも一緒に働いている会社の仲間が、数時間お子さんを見ているので

マッサージに行くのも良し、美容室に行くのも良し

少しママリフレッシュしてください!って制度です。

子ども連れてだと、いろんなことにアンテナ張ってゆっくりは行けないですよね。

数時間でもありがたいです。

親子

【実はママの働きやすさは制度では実現しない】ですよね。

妊婦さんになってから出産ギリギリまで働く方多い中、

復帰して子育てしたら職場の環境とママの心のバランスがうまくいかず

仕事は好きだけど、職場の環境が整っていないために職場を去る方も聞きます。

妊婦の体調も個人差が大きいですし、子どもの熱に対する体の強さも個人差があります。みなさん一緒ではないので、色々なサポートが必要ですよね。

私が感じたのは、働きやすさと制度はリンクしていないんということです。

その環境を作り上げているのは、会社の仲間が理解あってのことなんです。

誰がいつ抜けても回る職場作りと気持ちよく状況を受け入れてくれるアイミリーは働きたいママの子育てと働き方にいつも真剣に向き合ってくれています。

また、女性で営業として働いて、結婚・出産をしてからママになっても戻ってきてねってアイミリーは待っててくれます。

女性のその経験がお客様の為にも会社の仲間の為にもなるんですよ。って考えてくれるアイミリーなんです。

イライラしないママでいられるのもアイミリーのおかげです。

ママブログ 素材

【ママブログVol.29】映画が子供の発育につながる!

こんにちは。
雨続きの時期は我が家では2歳の息子に映画を観せて過ごす日が多かったです。
好きになる映画は何度も何度も観たい!とダダをこねる始末です。
ストーリーは理解していなくても映像と音楽を楽しんでいる様子です。
テレビばかりみせてしまっている罪悪感があり親としては色々考える事もあったのですが、
そんな中「映画が子どもの発達につながる!知識や体験を増やす見せ方のポイント!」という記事を見つけたので今回ご紹介しますね。

 

映画を見ながらワクワクドキドキしたり、泣いたり、ホッとしたり…そういった感情の体験が映画を見ることで養われるそうです。さまざまな作品に触れ、感情の体験を増やしてあげることで、感受性の豊かさにもつながっていきます。また、大人と一緒に映画を見ることで、内容について話し合ったり、感情を共有したりといった、双方向のコミュニケーションのきっかけにもなりますね。子どもの発達には、人とのコミュニケーションがとても重要。会話を交えながら作品の世界をより豊かにしていくのもとても良いことですね。

子どもに見せたい映画ランキングでも上位にランクインしている作品から、オススメの3作品をご紹介します。
【1・トイストーリーシリーズ】
おもちゃたちの友情、主人公の成長、大きくなっておもちゃを手放す日が来るということ、ものを大切にするということ…夢中になるストーリーの中に、大切なエッセンスがたくさん詰まっています。


【2・となりのトトロ】
子どもの頃にしかできない不思議な2人の体験に、好奇心をかき立てられます。季節感を感じる素晴らしい背景画や音響も想像力を刺激してくれることでしょう。


【3・怪盗グルーの月泥棒】
ハラハラする物語に夢中になりながらも、家族や人と人との絆の温かさを自然と感じられる作品です。

映画の世界は私たちに、日常にはない体験や、新鮮な感動を与えてくれます。子どもたちにとってもそれは同じ。しかし、子どもにとって暴力的なシーンや、怖いシーンは刺激が強いもの。怖いシーンも一種の経験となりますので、一律にNGとは言えませんが、ストレスが睡眠障害を引き起こしたりすることのないよう、映画の内容は事前に大人が確認することが大事ですね。

補足ですが、アメリカの小児科学会は、2歳児以下に映画やDVDなどの映像メディアを見せることを推奨していなそうです。それは双方向のコミュニケーションが必要な時期だからとのことです。

子どもに映画を見せるうえで私は2~3度は必ず一緒に観てます。1人で見せっぱなしにしないで、その後一緒に共有できるようにしています。
例えば、ひざの上にのせて一緒に観るのもおススメですね。怖いそうなシーンを一緒に観ている時は手をギュっと握ってあげると子供も安心したりとこれもコミュニケーションの一つになりますよね。


どんなに素敵な映画であろうと観た後に、親子のコミュニケーションがなければ、リアルな成長には結びつかないと思います。映画を一緒に見て、共に笑ったり、子どもの心の成長を見たり、会話のきっかけにするなど、映画ともうまく付き合っていきたいですね。

【ママブログVol.28】梅雨入りの過ごし方

こんにちは。関東も梅雨入りしてしまいましたね。
梅雨の時期はどんな風に過ごしますか?
近頃は、梅雨の時期を快適に過ごすグッズもたくさん売ってますよね。
じめじめと雨降りが多い梅雨時は掃除もおあずけ、と私は思ってましたが、実はによる湿気が多い梅雨時は、お掃除のベストシーズンらしいです。
みなさんご存知でしたか?快適に過ごすためにご紹介しますね。

Child playing in the rain

梅雨の時期にお掃除に適しているのには3つ理由があるそうです。
1.適度な湿気が、カビの胞子などの飛散を抑える
2.静電気が発生しないので、埃が取れやすい
3.夏と秋が最盛期となるダニの発生の予防になる

あじさいと犬

多くの方は、大掃除シーズンである12月にしますよね。でも12月は、乾燥して静電気が発生しやすいことと、気温が低く油汚れも固まりがちなために、掃除にはあまり向いてはいないそうです。それに、何かと忙しい時期なので、慌ただしくなりがちですよね。
梅雨時は雨降りが続くと、レジャーでの外出も控えがちになります。長雨の続く週末は、家族でお掃除をして過ごすというのも、梅雨時のよい過ごし方かもしれません。

また、窓ガラスと網戸と浴室とフローリング、カーペット掃除は、12月より6月に掃除した方が良いそうです。

梅雨かえる

【1 窓ガラスと網戸】

雨でどうせ汚れるから、窓や網戸のお掃除は梅雨時にはしない! と思っている方。ぜひ、小雨の日などを選んで、窓拭きをしてみてください。湿度があるほうが、窓ガラスの汚れは断然落ちやすいのです。
また、網戸の埃も、乾燥した晴天時は飛び散ってしまいがちですが、湿気のある曇天、もしくは小雨の日のほうが効率よく落とせます。
ガラスクリーナーと布を使ってのお掃除とか、電動スキージーなどお家にある方はそれを使うと気軽に掃除できるそうです。
網戸は、埃が大量についている場合は、裏側に新聞紙を当てながら掃除機で埃を吸い取ります。その上で、市販の網戸用のお掃除シートを使えば簡単です。専用ハンドルがなくても、シートを台所用のスポンジに巻いて、表面をこするように拭くと、簡単に汚れを落とすことができます。試してみてくださいね。

【2 浴室】

浴室の天井や換気扇の付近には、カビの胞子が付着しています。この胞子は、掃除のために窓を開けたり換気扇を回すことで簡単に飛び散り、着床したところに新たなカビを生む原因になります。アレルギーの原因にもなるので、注意が必要ですね。
このため、浴室の大掃除も、乾燥している時期より湿気が多い時期のほうが向いています。普段あまり手をかけない天井や窓枠、壁などは、フロアモップの持ち手を短くしたものに、ウェットタイプのお掃除シートをセットして拭くとよいかもしれません。その上で、浴室のカビ取りなどもしておきましょう。最後はよく換気をし、カビ予防剤などをかけておくと安心です。

【3 フローリング、カーペット掃除】

部屋の中には、衣類やカーテンなどから出る繊維の埃や、カビやダニのフンなどの微細な埃、外から入ってくる砂埃などが充満しています。これらは人が歩くだけで舞い上がり、やがて家具の上や、部屋の隅にまでまんべんなく落ちて堆積します。こうした埃は、乾燥した時期は静電気が発生しやすいため、化学繊維のカーペットやソファ、カーテンなどに付着して取れにくくなってしまいます。また、フローリングの表面も、掃除機やモップでこすることで静電気が発生して、逆に埃を集める結果になることも。とはいえ、夏は気温が上がりすぎて、水で濡らしたぞうきんやモップ、ウェットシートを利用してのお掃除はしづらくなります。水分がすぐ蒸発してしまうので、効率が悪いのです。床掃除は湿気の多い梅雨時が向いています。家具を動かしての大掃除も、梅雨時なら埃が舞い散らないので、ダニやカビの胞子も舞い散りません。ぞうきんは水分が残るので、市販のウェットシートや、マイクロファイバークロス、セルロースクロスなどをしっかりとよく絞ったもので拭くのをおすすめします。

梅雨テルテル坊主

ここ最近の夏は暑すぎてお掃除に気持ちが向きにくいですし、年末少し余裕持って過ごせるかもしれませんよ。梅雨時こそ大掃除いかがでしょうか?

【ママブログVol.27】東京くらし防災

こんにちはみなさん
GW明けてから、お天気も気温も安定しない日が続いたり暑い日が続いたりしていますが、体調の方は崩していませんでしょうか?
この前、区役所に用事がありまして立ち寄ったところ「東京くらし防災」という冊子を頂きました。役所に行った際は誰でも頂けるそうです。
最近ちょこちょこ地震もありますし、ピンク色のコンパクトな冊子なのでみなさんもお家に1冊あると便利だと思います。東京くらし防災
冊子はいろいろな方が活用できる便利な冊子になっていますが、ここでは私の女性目線やママ目線でいくつか内容をご紹介しますね。
最初にいますぐできること15のこと!というページがあるのですが、
私は、行ける時にトイレに行く、ママバッグは使った分足しておく、チョコレートをバックに入れとくなど日常生活に取り入れています。
私はペット飼っていませんが、ペットを飼っている方は、災害時のペットの預け先を探しておくというのも大切だと思いました。私には2歳の息子がいますが、子どももペットも自分で何かできるわけではないので、私たちが預け先や病院など事前に確認してあげる必要があると思いました。
普段の生活でも子どもやペットと近所をお散歩中も街の中でどこが危険なのか?避難できそうか?なども散策しながら探すのもいいかと感じました。
皆さんが普段使っているママバックの中身は人それぞれだと思いますが、離乳食食べているお子さんは、ベビーフードの瓶とスプーンとフォークなど一緒に備えるといいかもしれませんね。アレルギーや注意事項がある場合母子手帳などに記載して持ち歩くとか、電池の使わないお気に入りのおもちゃや、かさばらない絵本などもあると助かりますね。
また、ママも色々な事態に緊張や疲れがでますよね。そんな時おススメなのは、苦手じゃなければですが、ペパーミントやユーカリなどのアロマオイルを1~2滴含ませたマスクをするとリラックスするそうです。さらに、災害時にでる悪臭の消臭効果もあるそうなので臭いストレスの緩和になるかもしれません。
女性の皆さんが非常用のリュックを準備するときあまり重たいのもつらいですよね。
(ちなみにリュックの方が両手があいて安全を確保しやすいので好しいそうです。)
防災2
なんとなく私が考えたの非常リュックは、2泊3日何もないところに旅行に行く感覚でそれぞれの必要な荷物を詰め込んでみるものでした。それプラスよく防災訓練などであると便利ですよ的なラップや携帯用トイレやゼリー飲料や折りたためるフラットシューズとかですかね。もちろんこの冊子も入れておきたいです。
やっておいた方が良いけど、すぐに生活に直結しないのでなかなか手を手けられなかったのですが、今回私はこの冊子をきっかけに改善してみようと思っています。
防災
皆さんもこの時期にいったん夏用に避難リュックを見直してみてはいかがでしょうか?
また、東京都防災ホームページなども参考になると思いますのでこの機会に開いてみてください。

 

【ママブログVol.26】2歳の息子

桜の時期もあっという間に終わってしまいましたね。
皆さんいかがお過ごしですか?
新しい生活が始まった方もいらっしゃいますかね?
私には2歳の息子がいます。2歳の男の子2

3月までは認証保育園に通っていましたが認可保育園が決まり4月から転園しました。会社の皆さんの優しいご協力に甘えさせていただき、1週間お休み頂きました。

お休みを快く受け止めてくれる会社ってなかなか無いと思うので本当に感謝でした。そして1週間の慣らし保育のスタートです。ママも息子も奮闘しました。

ママは、ママで思うことがあり、何から何まで保育園ごとに違うので共通にして欲しいと心の中で思いながらも毎日過ぎて行きました。

前の保育園と今の保育園距離がさほど変わらないご近所なので、息子は、息子で「道が違う!」とは言いませんが毎日激しく泣いて訴えてきました。(いつもと違う道を通る ことは子供にとっては大きな変化であり、また大事件なのかもしれませんね。)新しい保育園でも前の保育園の大好きな先生を探して歩いてました。家でも、「てんてー(先生)は?」と毎日のように聞いてきました。

最初は慣れるまで前の保育園の方は行かないようにしてましたが、このまま引き離す様にしているのも可哀想に思い、また心苦しく思い、ある日思い切って帰りに前の保育園 に寄ってみたのです。すると、前の保育園の先生が外にいる息子の声を聞いてすぐに玄関を開けて外に飛び出して来てくれました。息子は最初びっくりした顔していましたが、すぐにすごく嬉しそうな顔して照れてました。もうクニャクニャと体をよじりデレデレでした。

その後、園長先生と先生方とお話して帰ろうとすると、「嫌だ―」と悲しそうな顔してたので「いつでも会えるんだよ」「離れ離れにならないよ」と息子に伝え、なんとか自 転車に乗せて、自転車運転しながらも、息子に語りかけたりしました。そしたら、次の日からウソみたいに登園中泣かなくなりました。親が思っているより子どもは子どもで色々と理解してくれたんだと私が勉強になりました。2歳の男の子3

何でもダメダメとか事前に私がはぶいたりするより、そろそろ言葉で語りかけたり、伝えたり、教えたりとしていくコミュニケーションしていったほうが良いんだと感じまし た。全ての行動は子どもの為と考えて行動していたのですが、変に気を回さずに子どもを信頼してあることも大切だと思いました。

さらに、子育てに理解を示してくれる会社や退園後日も変わらず優しく息子に接してくださる保育園、また泣いてばかりいる慣れない息子を根気強く接してくださる今の保育 園に感謝です。

毎日仕事しながら子育てしていると時間足りないですよね。

保育園のお迎えからご飯にお風呂タイムとコミュニケーションに寝かしつけとバッタバタのなかで、最近成長した息子を感じました。慣らし保育で泣いてばかりだったのですが最近はグッと泣くのをこらえてバイバイと目を合わせないで手だけ振ってくれます。夏には、すーと吸い込まれるように保育園に慣れてくれるかなと楽しみでもあります。2歳の男の子1

まだまだ寒かったり、暑かったりと子どもの服装にも気をつかう時期ですよね。
最近、胃腸炎やロタウィルスが保育園でちらほら出ているようです。ママもパパも子どもも体調崩さないで楽しいゴールデンウイーク迎えられますように(^^)