【ママブログVol.18】子どもの叱り方、振り返ってみよう!

最近怒ってばかりいる…

lgf01a201304181300

あ、また怒ってしまった。。。

。。。

このままじゃ怒ってばかりのママになってしまう。

怒られてばかりのわが子はもちろん、怒ってばかりいるこちらも辛い。

気づけば眉間にシワが!

眉間にしわ

私は子どもを「叱る」というよりも、私自身の機嫌や自分の感情を、単に子どもにぶつけていただけだった、ということに気づきました。

そこに気づいたきっかけは、『アンガーマネジメント』、いわゆる「怒りをコントロールする方法」を伝える、『アンガーマネジメントキッズインストラクター』の資格を取ったことです。

ちょっとしたポイントを頭の片隅に入れておくだけで、叱るときに少し客観的になれる時間が生まれます。

今回はそんな私が、自分の子育て経験と『アンガーマネジメント』の視点からみた、子どもを叱る時に気をつけたい4つのポイントをお伝えします。

“叱る”と“怒る”の違いは?

hahaoya-uzai-1

まず、叱ると怒るの違いについて整理しておきましょう。

この2つの違いは、感情の入り方にあります。

“叱る”は、感情的にならず冷静な言葉で注意をすることです。

“怒る”は、相手に対して激しい感情のままに言葉を発してしまうことになります。

さまざまな書籍やテレビなどで、「子どもを怒るのではなくて、叱るようにしなくてはいけない」なんていうことが言われています。

しかし、実際のところは、「どうしても“怒る”ことが多くなってしまう」という声が多く聞かれます。

おそらく、以下の4ポイントを意識することで、“怒る”から“叱る”にシフトしていけるのではないでしょうか?

叱る時のポイント①

『親の機嫌で叱らない』

そもそも『叱る』ことの目的は、子どもの良くない行為を子ども自身に気付かせるために行うことです。

親として、我が子に正しいことを伝える手段であるわけですね。

ですから「親の機嫌が良い」「親の機嫌が悪い」が叱る基準になってしまうと、子どもには親の伝えたいことが正しく伝わりません。

親の気分次第で叱ってしまうと、子どもに伝わるのは単に「パパママは機嫌が悪いから怒っているんだ」ということになってしまい、そういう叱り方を続けていると、子どもはしだいに親の顔色を伺うようになってしまいます。

叱る時のポイント②

『過去を引っ張り出さない』

子どもを叱るときは、良くないことをした「そのときの行為だけ」を叱りましょう。

「この際だから言っておくけど」とか「そういえば以前こんなこともあったよね」などと、子どもがした過去の良くない行為を引っ張り出す叱り方は、よくありません。

叱っていることの焦点がぼやけてしまう上に、子どもは嫌な気分のほうが大きく心に残ってしまいます。(嫌な気持ちにさせることが目的ではない)

叱る時のポイント③

『原因を追究しない』

子どもを叱る時には、つい「なんで?そんなことしたの!」と原因追究をしてしまいがちです。

親に「なんで?」と叱られることは、子どもにとっては責められている気持ちになってしまうのです。

子どもは責められれば、何とかしてこの状況から逃れたいと思います。

原因追究をするような叱り方をすると、子どもは自分のやったことに向き合うことよりも、この追究から逃れるための言い訳探しに必死になってしまうのです。

叱る時のポイント④

『恫喝するような強い言葉を使わない』

子どもを叱るときに、恫喝するような強い言い方をしてしまうと、子どもを萎縮させるだけです。

また、「いつもするよね!?」といった「いつも」「必ず」「絶対」などの決めつける言い方もよくありません。

お子さんのその良くない行為、本当に「いつも」でしょうか?

365日、いつも欠かさずお子さんがやっていることでしょうか?

恫喝するような表現で、また決めつけられると、子どもは自分自身を「そういうダメな人間なんだ」と思い込んでしまい、その後の人格形成にまで影響してしまうかもしれません。

l201109010800

あるがままの我が子を認めよう!

いかがでしたか?

ドキっとしたパパママもいるかもしれませんね。

子どものできていないことばかりに注目すると、「できていること」まで見えなくなります。

5e4f2154-e243-440d-a043-7435e81d5f90

我が子が普段あたりまえにできていることも、たくさん認めてあげましょう!

特別なことを褒めるのもいいですが、なにげない子どもの一言に耳を傾けるだけで、子どもは安心できるものなのです。

そして親も、「この子はこの子のままでいいんだ」と思うことができるようになれば、子育てに対して気持ちが楽になると思います。

頭では分かっていても、なかなかその時になると難しいのがこの「叱り方」です。

しかしポイントを抑えておくことで、仮に感情的におこってしまったり、うまくいかなかった時であっても、しっかりとポイントを絞って振り返りをする事ができます。

そうすれば、親としてもまた、少し成長できますよね。

出典:http://papimami.jp/36372
出典:https://conobie.jp/article/5210

【ママブログVol.17】パパと一緒に入るお風呂で意外な効果?!

「浴育」、「パパフロ」なんじゃそれ?育児のレベルもそこそこついてきた。と思ってましたが、今更ながらこんな言葉があったのかと、まだまだ未熟さを実感。

子供と一緒に入っていることはそんなに重要なことだったのかと思ったので、今回はお風呂にまつわるこの2つのキーワードを調べてみました。

浴育は大人から子どもまで実践できるお風呂で生活を豊かにする方法ですが、特に最近注目されているのがパパと子どもが一緒に入る浴育です。

パパと子どもで入る浴育は「パパフロ」とも言われ、イクメンが増えてきている現在、パパが気軽に取り組める育児方法として注目されています。

やり方はとっても簡単、子どもと一緒にお風呂に入って体を洗ってあげたり、一緒に遊んであげたりするだけ。

何気ない会話や遊びを通して、パパとのコミュニケーションやスキンシップを図ることができます。

パパフロロゴ

メリット①パパと子どものコミュニケーションが取れる

浴育のメリットで一番実感できるのは、何といってもパパとのコミュニケーションが充実することです。

普段は帰宅後の数時間、あるいは休日しかコミュニケーションが取れないパパも多いのではないでしょうか?

浴育を実践することで、ゆっくりと子どもと向かい合い、パパと子どもだけの充実した時間を持つことができます。

テレビやスマホの無い環境で、ゆったりとお互いに向き合う時間はかけがえのない育児の時間です。

浴育を期に子どもの性格や個性を改めて認識して、子どもとの接し方をもう一度考えるきっかけにもなっているようです。

メリット②20分以上の浴育で、子どもの心の成長に変化が!

浴育の注目されるポイントは、その効果がパパだけに留まらないことです。

資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会の調査によると、20分以上の浴育で「家族にやさしい子になる」(69.2%)、「思いやりがある子になる」(74.4%)など心の成長に影響がある事が認められているようです。

パパと一緒にお風呂に入ることで、パパだけでなく子どもにも影響が及んでいるんですね。

パパとお風呂に入る時は、カラスの行水ではなく、20分以上を目安にゆっくりと入ることが大切です。

メリット③20分以上の浴育で、子どもの社会性に変化が!

更に、浴育の効果は子どもの社会性にまで影響が表れています。

同じく資生堂「スーパーマイルド」パパフロ応援委員会の調査によると、20分以上の入浴は20分未満と比べて「集団行動ができる」(6.2ポイント増)、「友達が多い」(8.6ポイント増)、「礼儀正しい」(10.6ポイント増)などの数値が出されています。(資生堂スーパーマイルド『パパフロ応援委員会』調べ)

その理由には、ママにはできないパパ独特の社会的な考え方やモラルなどの姿勢が影響しているという考え方が挙げられているようです。

子どもの心の成長に伴って、豊かな社会性や考える力が付いていると考えられますね。

papa

仕事が忙しく、子供となかなかお風呂に入れないというパパもたくさんいると思います。休日しか入れない場合でも、こういったことを意識して入るのと入らないのできっと変わってくると思うので、なんとなく入っているよりも、少なくても意識すればきっと子供にも伝わるかと思います。

中にはすでに「イヤッ」て言われてるパパもいますかね。
それでも、そこは諦めずパパと一緒に入ると楽しいと思われるような工夫をしてみましょう。

出典「https://conobie.jp/article/4705」
出典「http://www.cosodate.jp/240.html#i-4」

【ママブログVol.16】年末の大掃除、効率良く進めるには??

一年の汚れをきれいにする大掃除の時期がやってきます。

今年こそは、
普段掃除しないところや、
これまで避けてきたところをしっかりキレイにしたいなぁ〜

だけど、
年賀状書きやクリスマス、子供たちは冬休み。

そうこうしているとアッという間に年越しの準備も・・・

どうしたらいいのかちょっと憂鬱な気分になってなっていませんか?

今回は、
年末の大掃除をいつから始めるのがいいのか、
効率よく計画的に進めるには、
時間がない時の掃除のコツやポイントについてお話しします。

ぜひ、参考にしてくださいね。

年末の大掃除はいつから始めたらいい?

家や部屋をキレイにして新しい年を迎えたい。
そんな一年に一度の大掃除。

良い年神様を迎えるためにも、年末の大掃除は避けて通れませんね。

早くから始める人、
大晦日近くのギリギリまで行う人、
お正月になっても掃除している人など様々ですが、
今年こそはきちんと済ませて、 余裕のある大晦日を過ごして みませんか?

そのためにはいつから始めたらいいのでしょう。

一般的には、クリスマスも終わり、仕事納めの翌日から大晦日に向けて大掃除を行う人が最も多いそうです。

以前は私もその一人でした。

しかし、この短期間で、家中の大掃除を集中して行なうのはとっても大変です。

時間がないので思うように進まないとイライラしちゃうし、体力的にもキツかった・・・

疲れ果ててしまい、大晦日の晩に笑顔で家族団らんというわけにはいきませんでした。

なので、仕事納めの翌日から、大晦日に向けての短期集中型の大掃除はおすすめできません。 

11月の後半から、もしくは12月に入った頃から何日かに分けて済ませるようにしましょう。

ただ、12月でも初旬と下旬にはかなりの気温差があるので、まず天候の良い暖かさのある時期や日中に、カーテンの洗濯、網戸、サッシの溝掃除、、ベランダの掃除、ガラス拭き など寒いと効率の下がるものからはじめましょうね。

日にちや時間に余裕持ち計画的にすることで、負担に感じることなく大掃除ができますよ。

効率良く進めるには??

大掃除を効率よく進めるにはどうしたらいいのでしょう。

計画を立てることをおすすめします。

「今日はここをやろうかな?」などと、
思いつきで大掃除を始めると大変なことに・・・
すべてが中途半端に終わってしまう可能性があります。

徹底的にやろうと思えば、いくらでも作業が発生するのが大掃除です。

無計画に始めるのではなく大まかなリストを作り、掃除を済ませた場所を消すなどしていくと達成感がありますよ。

ゲーム感覚で大掃除を楽しんじゃいましょう。

では、どのように計画を立てたらいいのでしょう。

★計画の立て方

1.掃除する場所を決めましょう。

大掃除でキレイにしたい場所を書き出します。
例えば、
■キッチン 冷蔵庫、レンジフード、シンク周り
■リビング カーテン、AVボードの中
■お風呂 天井、壁

2.スケジュールを立てましょう。

1.で書き出した場所をもとに、
作業量を想定して、1日にできそうなことを配分するのです。

1日にあれもこれもと欲張ると、通常の家事に支障をきたし、気持ちに余裕が無くなってしまいます。

ゆとりを持つことが大事なんです。
「今日はこことこれだけ!」と決めたら、それ以上は手をつけないくらいの余裕 を持ちましょう。

3.役割分担を決めましょう。

家族で大掃除の分担をすることで、さらに効率的です。

子供たちにも自分の部屋や、危なくない拭き掃除などはやってもらいましょう。

ひとりでは対応が難しい力仕事は、ご主人に あらかじめお願いしておきましょうね。 

当日になってから急に家族に頼んでも、
「えっ!聞いてないよ!」
「予定が入っているから。」
などと言われたらかなしくなっちゃいます。

そんなことは言わせないためにも、あらかじめ「誰が、いつ、何をするのか」を決めておくことで、
スムーズに大掃除が進められるのです。

時間がない場合のポイントは?

1.高いところから低いところへ

掃除は順番が大切です。
床からキレイに掃除しても、その後に電気の傘や棚の掃除をしたのでは、ほこりがまた床に落ちてしまい2度手間になってしまいます。

ほこりは上から下に落とし、全てを床に落としたところで掃除機をかけましょう。

2.奥から手前へ

「奥」とは玄関から一番遠いところという意味です。
最後に溜まったホコリを全て玄関から掃きだすためです。

3.狭い場所から始める

トイレ ⇒ お風呂 ⇒ キッチン ⇒ リビング・・・ というように小さな範囲を決めて進めましょう。
小さなノルマなら達成感が出てきて、掃除する勢いもつきます。

まとめ

大掃除を効率的に行うために、ある程度は割り切ることも必要です。

汚れが多少気になっても、時間がかかりすぎる時は深追いはしないことも大切です。

今年はぜひ余裕を持って大掃除にチャレンジしてみてくださいね。

家族みんなが笑顔で、良い年を迎えらますように!

 

出典http://blog.tanosimujinsei.com/1253.html

 

【ママブログVol.15】意外と知らないお年玉のこと

今年も気づけば一ヶ月を切りましたね。

子供たちにお年玉袋、ポチ袋に
お金を入れて渡すお正月の「お年玉」。

子供が多い親戚がいる方はちょっと懐が・・・
という方もいますよね?

自分たちにとっても子供のころから身近な存在であったお年玉。そんな「お年玉」の由来や意味は ご存知ですか?

その由来は実は意外なものなんです!

そこで、お年玉の由来やポチ袋のポチって?
など、「お年玉」に関する情報ををまとめてみました。

お年玉をお正月に子どもにあげる意味や由来

「お年玉」と言えば、大人が子供に
お年玉袋、ポチ袋に入れて

お金をあげるというのが今や
普通ですが、そもそもは・・・

お正月に「お餅」を家長が
家族に与えたことが由来しているそうです!!

詳しく説明すると・・・

そもそも、お正月行事というには、
「年神様」を家にお迎えしておもてなしをすることで、

新しい年の幸福や恵を願い、魂を頂く!
という意味があるそうです。

その中で鏡餅は年神様の依り代、

家にいらした年神様の御魂が
そこに宿るとされていて、

その鏡餅の餅玉が年神様の御魂であり、
その年の「年魂(としだま)」とされてました。

 

その餅玉を頂く(食べる)ことで、
その年の魂を頂く(年を重ねることが出来る)

と考えられていたそうです。

※ちなみに、その餅玉を 頂くお料理がお雑煮です。

 

その為、お正月には家長が家族に
その餅玉を「御年魂」「御年玉」として
与えていて、それがお年玉の由来です!!!

その後、これが「目上」の人から
「目下」の人に金品などを与えるようになり、

そして時代を経て、今の大人が子供に
お金を上げる「お年玉」に変化したと言われています。

その流れから、「目上」の人や
その子供に「お年玉」としてあげるのは失礼とされています。

つまり、会社の上司のお子様に お年玉を渡すのは失礼になってしまいます。

どうしても渡したいときは、 表書きを「文具代」などに変えたり、

現金ではなく文具券や図書券を渡すのがマナーのようです。

お年玉袋をポチ袋と言うのはどんな由来から?

最近ではいろんな種類が
売られている「ポチ袋(点袋)」。

発祥は関西と言われています。

「ポチ」は関西の方言で
心づけ、祝儀」という意味があり、
舞妓さんに与えられていた祝儀袋の事でした

 

また、これっぽっち(小さな)という言葉から、

少ないですが・・・という謙虚な気持ちで
渡していたのが始まりとされています。

それが今はお年玉を渡す時の定番に変化したようです。

 

最近のポチ袋は種類も沢山あるので、 渡す方も選びがいがありますよね?

「お年玉」の知識は深まりましたか?

次のお正月も気持ちをこめて「お年玉」を渡してあげましょう!!!

出典http://nanisore-club.com/otosidama-yurai-2728

【ママブログVol.14】年賀状で新年のあいさつ

 

最近はメールで新年の挨拶を済ませる人も増えていますが、デジタル時代だからこそ紙の年賀状は心に響きます。

年賀状を出す理由は人それぞれだと思いますが、ここでは多くの人が感じている10の魅力を紹介します。

出典:http://www.postcard.jp/nenga/column/08nenga-daishitakunaru.html

 

1.ご無沙汰している人と気軽に連絡がとれる

 

幼馴染や恩師など遠く離れてなかなか会えない人とも、年賀状のやりとりを通じて「元気でやっているな」とお互いに感じることができます。

写真付き年賀状なら、ひと目でその人の今の様子がわかるのも嬉しいですね。

 

2.SNSとは違うリアルなコミュニケーション

 

最近はSNSでお互いの近況が手に取るようにわかる時代。

年始の挨拶もSNSで済ませる人も少なくありませんが、手間と思いが込められた年賀状は、デジタルでは伝えきれないリアルな感覚を届けてくれます。

また、SNSでつながっていない相手を思い出すよいきっかけになります。

 

3.正月らしさを感じられる

 

国民一人あたり約27枚を 出している年賀状は、日本の正月の風物詩。

元日の朝はまず届いた年賀状を読むことから始めるという人も多いと思います。

年賀状の準備に追われると年末を感じ、届いた年賀を見て正月を実感する人も多いのではないでしょうか。

 

4.一年を振り返るきっかけになる

 

年賀状に使う写真を選ぶために、その年に撮りためた写真を見返していると「そういえばこんな場所にも行ったっけ」「子どもも大きくなったなあ」など、さまざまな思い出がよみがえります。

手書きのメッセージを考えるときも、その人とのエピソードを思い出しながら改めて一年を振り返ることができます。

 

5.年賀状は人生の鏡、家族や自分の記録になる

 

余った年賀状や書き損じの年賀状は保管しておくと、家族や自分の歴史の記録になります。

写真付きなら当時の思い出が鮮明によみがえり、懐かしい気持ちがわいてきます。

年賀状に選ばれた写真はどれもベストショットなはずですから、見返す楽しみも倍増しますね。

よく年賀状は人生を映し出す鏡のようなものだといわれます。

独身時代は友人や同僚を中心に送り、結婚すると親や親族との関係が強まり、出産後は子どもの成長を意識するようになります。

子どもが独立したらそれまでの人生で培ってきた人脈を大切にし、リタイア後の楽しみを共有している人も少なくありません。

年齢を重ねるにつれ、出したい人が増えていくのは、人生の厚みを感じさせてくれますね。

 

6.もらうと温かい気持ちになる

 

準備は大変だけど、やっぱりもらうと嬉しいのが年賀状。

普段とても忙しい人からの年賀状に丁寧な手書きのメッセージがあったりすると、わざわざ時間をとってくれたのだと感動します。

人とのつながりを実感でき、さりげなく添えられた一言に温かい気持ちになれますね。

 

7.年賀状を作って出す楽しさ

 

年賀状は年末の大仕事……という方もいるかもしれませんが、無事に書き終わって郵便局で差し出す瞬間のワクワク感はメールでは味わえないものです。

また、年賀状用に家族みんなで集合写真を撮ったり、子どもと一緒にマスキングテープでデコレーションしてみたり、作る楽しさもいろいろあります。

 

8.上司や先輩に自己アピールするチャンス

 

マナーを重んじる上司にとって年賀状は大切な風習です。

丁寧な年賀状は好印象を与え、「できるヤツだな」とアピールできることも。

面と向かって言葉にするのは少し照れくさい先輩への日頃の感謝なども、年賀状なら素直に伝えられるのではないでしょうか。

 

9.取引先や顧客との縁をつなぐ営業ツール

 

取引先やお得意様に送る年賀状は挨拶や感謝の気持ちを表すと同時に、営業ツールとしてもひと役かってくれます。

時間のあるお正月は通常のDMよりじっくり読んでもらえる確率もアップ。

手書きの一言があれば、より顧客の心をつかみやすくなります。

 

10.お年玉くじで商品が当たるかも!?

 

お年玉付年賀はがき に限定されますが、これを楽しみにしている人がかなり多いのも事実。

私製はがきを使う人なら年賀切手(くじ付) を使えば、手作り感とワクワク感を同時に届けられます。

 

年賀状という日本の素晴らしい文化。

今後時代が移り変わって行っても、この年賀状の良さが受け継がれていけばいいなと心から思います!

【ママブログVol.13】捨てないで!使用済みラップの意外な活用術☆

残りもののおかずや、食品を温める時に使ったラップ。

使い終わったら捨てるのが当たり前ですよね。

でもちょっと待ってください!

捨ててしまう前にもうひと働きしてもらう方法をいくつかご紹介します!

 

1.ラップで洗い物

カレーを作ったお鍋、油がこびりついたフライパン、など、スポンジで洗ったらスポンジにも汚れがついてしまいそうな洗い物って、結構ありますよね。

そんな時、使用済みサランラップをクシャッと丸めてスポンジ代わりに洗ってみてください。

ラップは洗剤を吸収しないので、少ない洗剤で効率良く掃除することが可能です。

みるみる綺麗になりますよ!

ラップ

 

2.ラップでお掃除

ステンレスのシンクに白い水垢や油汚れ、黒い汚れがこびりついていませんか?

こんな汚れ、スポンジを使ってもなかなか落とせないうえ、掃除をするたびスポンジも汚れてしまいます。

ここでもクシャッと丸めてこするだけでピカピカになるんです!

しかもシンクのステンレスを傷つけません!

ほとんどの汚れは洗剤をつけなくても落とすことができますし、メラミンスポンジのようにつぶれてしまうこともありません。

所要時間は1~2分程度なので忙しい主婦でもサッとできそうです!

拭いたらそのまま捨てればいいので面倒なこともありませんし一石二鳥ですね。

捨てる前にいつもちょっとシンクを磨くようにすれば、シンクをいつもきれいな状態に保つことができるはずです。

こまめなちょこちょこ掃除が結果的に掃除を楽にしてくれるはずです。

部屋の隅などほこりがたまっているところも、こすると静電気で誇りや髪の毛を吸いつけてくれますよ。

ラップで掃除

3.唇パック

方法はいたって簡単。

リップクリームをたっぷり唇に塗り、上からラップを5分ほど乗せるだけ。

より効果を実感したいのであれば、あれた唇をラップでパックケアした後に、蒸しタオルを5分ほどあてておくといいでしょう。

また、リップクリーム以外にもはちみつなどを塗ってケアをするのも効果があるみたいです。

はちみつにはビタミンBが多く含まれていますので、保湿力を補ってくれる働きも期待できます。

そろそろ乾燥の季節も本番に入ります。

是非試してくださいね。

リップ

こんな便利な使用済みラップを今まで捨ててしまっていたなんて!

もったいないおばけ

ラップは割と頻繁に使用するものだと思います。

今日からは無駄にせず、どんどん使ってみてください。

こんな収納方法もあるみたい↓ですのでご参考に!

ラップ収納方法

http://mimiyori-joho.info/

【ママブログVol.12】ピザ作りで親子の素敵な思い出作り

 世界に一枚しかないオリジナルピザ作り

子どもから大人まで幅広い年代に愛されているピザ。

お友達が来たときやお誕生日などちょっと特別な日に宅配ピザを注文される方も多いのではないでしょうか。

そんなピザを、手作り体験させてくれるお店があることをご存知ですか?

ママ友に教えてもらい近所にあるドミノピザにピザ作り体験に行って来ました!

・予約は店舗に直接電話

・一部開催していない店舗もあります

・実施可能な曜日や時間は店舗によって異なります

http://www.dominos.jp/relational/school/

いざピザ作りっ♪

①エプロンと帽子を装着し、手洗いと消毒この子供用エプロンと帽子は有料で持ち帰りも可能です。

我が家は帽子だけ持ち帰りました!

時間が経ってもそのエプロンを見ると、この日のことを思い出せそうですね♪

②店長さんが先生となってとても分かりやすく教えてくださいました。

③まずはピザ生地を伸ばしていきます

ピザづくり

④下に丸いプレートを敷いてもらい、その大きさになるまで手でグイグイ押しながら伸ばします。

ピザといえばの上でクルクル回すのではありません。

⑤トマトソースを塗って

ピザつくり中

⑥好きな具材を好きなだけ乗せます。

こどもにとってはこれが至福の時間だったと思います。

⑦大好きなとうもろこしやチーズ乗せ放題。そんなに乗せる?というくらい、どっさり盛っていましたが、これも手作りの醍醐味ですね。

そうはいってもやはり限度があるので、「トマトとか玉ねぎも乗せたら?」と美味しいピザになるように、親も後ろからアドバイス!

guzai

⑧オーブンで焼く

⑨焼きあがるのを待っている間、停車している出前用のバイクに乗せてくれるというサービス。

もちろん写真は撮り放題なので撮影会という感じでした。

バイク乗ってるところ

⑩焼きあがると一緒に店員さんがピザをカットさせてくれます

⑪最後は認定証

認定証

参加したこども全員に認定証をプレゼントしてもらいました!

 

この券があれば、大人になるまでポテトフライSが無料(※ピザ注文時のみ)とのこと!

大人になるまでって、いつまでだ?!

と思いつつも、なんとも粋ですね!ドミノピザ!

実質作業時間は30分程度!

店舗内で食べられなかったので、今回は我が家にお友達を招いて試食会をしました。

完成したピザ

世界に1枚しかない我が子の作ったピザ。

なんだか特別美味しいピザをごちそうになりました!

こどもだけでなく大人にとっても素敵な思い出です。

週末のイベントに組み込んでみてはいかがですか?

お近くの店舗を探してみてください★

 

【ママブログVol.11】こども大喜び間違いなし!とってもかわいい「デコパ」上履き

デコパージュって何?

幼稚園や保育園でじわじわと人気が高まっている「デコうわばき」ご存知ですか?
中でも「デコパージュ」という方法で仕上げた「デコパージュうわばき」は、まるでプロがイラストを書いたような出来栄えなのに、実は誰でも簡単にできるとの評判です。

 

今回は娘が保育園で使う上履きに初デコパージュしてみました!

そもそもデコパージュとは、、、フランス語で「切り抜く」「切り裂く」などを意味します。

したがって、自分の好きな紙を切り抜いて、箱やビン、小物など様々な素材に貼りつける技法がデコパージュです。
 
デコパージュには、専用の糊が必要です。
専用の糊を使うことで、ペーパーナプキンのような薄い紙から写真、ポスターなどの柄を、ガラスやプラスチック、木、布などあらゆる素材に入りつけることが可能となります。
接着材として、どんな素材にも使えるデコパージュ専用の糊は、非常に便利です。
しかも、接着剤としての働き以外にも、「コーディング」や「防水」といった効果まであります。
デコパージュ専用の糊として人気が高いのは、ケマージュと呼ばれるものです。

 

けれども、デコパージュをこれから始めようと思っている人には、少しお値段が高めで量も多いとい欠点があります。

最近ではデコパージュ人気を受けて、ダイソー、セリアでケマージュの品質と負けず劣らずの製品が販売されています。
w621_o0640048013122183979
出典 http://ameblo.jp/monta-hiropon/entry-11949385375.html

さぁ作ってみましょう!

【材料】
スニーカー(上履き)
紙ナフキン
デコパージュ専用液
※紙ナフキンは白地に柄が描かれているもの
※今回は紙ナフキンではなく、薄手の布を使用【道具】
はさみ
ハケ(平筆が塗りやすくておすすめ)
平皿(ハケを洗う水を入れる用)
ハケを拭く雑巾
※細かい部分が切りやすい手芸用のハサミがおすすめ

 

手順1 貼りたい物に合わせて紙をカット
※ペーパーナプキンは数枚の紙が重なってできています。デコパージュで使うのは絵柄の紙のみ。破かないように注意して剥がします。
手順2 デコパージュ液を塗る
手順3 カットした紙を貼る
手順4 トップコート用のデコパージュ液を塗る
手順5    完全に乾燥させて、完成★
空気が入っても、この段階では気にしなくてもOKです。乾くと、空気がちゃんと抜けてきます。
空気が抜けて、ビッシとなったら、再度、デコパージュ液を塗ります。
1~2回程度繰返し塗ることで、仕上がりとても綺麗になります。
白くなっても、乾くと透明になり、防水効果も高まるので心配なし。
トップコート用の液がなければ、貼り付けたのと同じデコパージュ液で問題ありません。
この時、紙から少しはみ出して塗っておくと剥がれにくくなります。

自然乾燥の場合は、半日ほどかけて、しっかりと乾かしてください。
ドライヤーの冷風を当てれば、少し時短できます。

デコパ上履き デコパ上履き2
興味があるから少しだけ作ってみたいという初心者さんは、100均のデコパージュ液で始めてみてはいかかでしょうか。

 

お子様のために、ぜひ挑戦してみてくださいね♫

【ママブログVol.10】こどもが野菜好きになる?!家庭菜園

【こどもが野菜好きになる?家庭菜園】

きゅうり、プチトマト、なす、ハーブ。

わざわざ畑で栽培しなくても自宅で十分作れるってご存知でしたか。

手間暇は確かにかかりますが、できた時の感動は大きいです。味まで美味しく感じますね!

お子さんと一緒に食育の大切さを考えられるチャンスです。是非、ご自宅で野菜をつくって食べてみてはいかがでしょうか!

我が家ではプチトマトにチャレンジしてみました!

「とまぴー」と「きんちゃん」という名前をこどもがつけて、毎日声をかけながらお水をやり続けました!

天候の関係で思ったほどの収穫はできなかったものの、家族みんなで毎朝

「あ!とまぴーときんちゃんにお水あげなくっちゃ!」

とあわただしくお水をあげにいったこと、何日もたってやっと一つ目の実がなっていた時の喜びといったら忘れられない思い出になりましたよ☆

【1】きゅうり

きゅうり

4月頃に種をまくのがベスト!

きゅうりは育ちが早い代表的な野菜。

育てるのもかなり簡単と言われており、いろいろな方法で栽培が出来ます。

土地がある一軒家などは地面に植えられますが、都心ではマンション住まいも多いですよね。

その場合、家庭菜園用プランターという大型のプランターに2株ぐらいがベストなので、ぜひ家庭菜園用プランターを購入してみてください。

通常の培養土で十分なので育てやすく費用もあまりかかりません。

4月ごろが種まきの季節です。

【2】ミニトマト

プチトマト

4月から6月にかけてが種まきのシーズン!

お弁当に入れる野菜の代表選手のミニトマト。

自分で作るとトマト嫌いだったのに大好きになるお子さんもいるとか。

最近はすぐに始める菜園ミニトマトのキットもホームセンターに販売していますので簡単です。

ミニトマトの良さはベランダでも作れる気軽さ。

タネからはじめるのは時間がかかる植物なので、一番簡単なのは苗を購入してくること。

支柱はトマトがおおきくなる上で大切なので絶対に忘れないでくださいね。

4月から6月までが種まきのシーズンです。

【3】ホウレンソウ

ほうれん草

冬にも植えられる面白い簡単野菜!

四季を通して様々な野菜を育てることができるのですが、はじめたい思ったタイミングでその時期に育てやすい野菜を知ることも大切。

初心者にはホウレンソウがかなり簡単と言われています。
日当たりが悪くても丈夫に育つ野菜なので子どもと育てるのに途中で枯れてしまうなど悲しい事にならないのでお薦めです。

1か月程度で育つのでチャレンジしてみませんか。

まとめると、、、

家庭菜園って手間暇がかかりそう、などちょっと不安な事もありますよね。

しかし簡単に育つ植物を選べば本当に楽しんで育てる事が出来ます。

いちご狩りなどはしたことがある人も、自分で野菜を育てるのはチャレンジするのに少し躊躇してしまうかもしれません。

家庭菜園を借りなくても、自宅で、自分たちの手で育てて収穫して食べる。

この一連の行動が子どもの健康にも食育にも良い影響を与えるといいですね。

無題

出典:https://feature.cozre.jp/41543

【ママブログVol.8】読み聞かせのススメ

 こどもと楽しむ「読書の秋」

9月を過ぎて、ぐっと涼しくなり秋めいてきました。ダブル台風ということで
雨の毎日ですね。
過ぎてしまえばあの夏の暑さも懐かしく思い出されるので不思議ですね。
さて、秋と言えばみなさんはなにを思い浮かべますか?
「食欲の秋」「運動の秋」「芸術の秋」…
いろいろと楽しみの多い季節ですが、今回は「読書の秋」に注目しました。
図書館キャッチ
私は休みの日ともなると、こどもと一緒に近所の区立図書館まででかけます。
こどもが生まれるまでは、ほとんど通った経験がない私ですが、
今や週末の習慣になってきたほどです。
上の子はまだ3歳なので、目に留まった絵本があれば私のところに持ってきて
「これ読んで!」と目をキラキラさせながら嬉しそうにお願いしてきます。
読んであげている本に釘づけになっているその表情の真剣なこと。
こんな真剣な表情は本を読んであげている時しか見られないのではないかと、思わずその表情に見とれてしまいます。
30分でも滞在すれば何冊も何冊も読み聞かせ、こちらの声がカラカラになるほどです。

「読み聞かせ」のポイントとは?

こどもが生まれるまでは、「読み聞かせ」ってどんな風にやるんだろう、
と考えることもありましたが、今やそんなことを考えている余裕もなく自分流で突っ走ってきてしまいました。
 読み聞かせ
そこで、「読み聞かせ」について図書館の方にお話を伺ってきました。
まずは、始める時期に「早すぎる」ことも、「遅すぎる」こともないそうです。
(なので、月齢の低いお子さんでもどんどん読んであげてほしいとのことでした。)
言葉が分からない赤ちゃんにとっては絵本を読むおかあさんの声がとても心地よく耳に届き、
言葉が話せるようになった子どもには読み聞かせることで想像力や好奇心を伸ばしてあげることができるそう。
どちらも大事なことは「無理強い」をしないこと。
途中で子どもの興味がそれてしまった時は、無理に最後までお話を続けることはないそうです。
絵本は「これはお母さんがなにか楽しいお話をしてくれるものだ!」と
子どもが自然にワクワク出来るための、コミュニケーションツールとして親子で楽しんでほしいと仰っていました!
是非ママもパパも、おじいちゃんもおばあちゃんも、自分も一緒に楽しもう!という心持ちで読み聞かせをしてみてはいかがでしょうか☆
親子の素敵な時間になるはずです!